文字サイズ

【注意喚起】海外へ渡航を予定している場合の対応について(1月25日更新)

大学全般
2020年1月25日

学生・教職員 各位
愛知大学 学長

【注意喚起】海外へ渡航を予定している場合の対応について(1月25日更新)

 最近のテロ等の治安情勢を踏まえ、海外へ渡航を予定している場合には、外務省海外安全ホームページ、外務省領事サービスセンター、渡航先の日本国大使館等の機関より最新の情報を収集し、常に「自分の身は自分で守る」との心構えをもって安全確保を最優先に慎重に行動するよう努めてください。
 なお、外務省海外安全ホームページ 感染症危険情報(2020年1月24日付)において、中国湖北省全域が「感染症危険レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げられたことに伴い、同市への渡航は中止してください。
 やむを得ず、同省への渡航を行わざるを得ない場合には、事前に本件に関する本学窓口(総務課)メールアドレス(ksomu@aichi-u.ac.jp)宛に、「学籍番号(教職員は不要)、氏名、出国日、訪問先(都市名)、帰国予定日」をメールの上、外務省海外安全ホームページ スポット情報「中国湖北省武漢における新型コロナウイルスによる肺炎の発生(その5)」(2020年1月20日付)にて、「厚生労働省検疫所は、武漢市からの帰国者及び入国者に対して、咳や発熱等の症状がある場合には、検疫官に自己申告するよう呼びかけています。」とお知らせがあることについても十分に留意し、もし、そのような症状が出た場合には検疫官に自己申告した後に、各校舎保健室にも連絡するようにしてください。

1.情報収集について
(1)外務省海外安全ホームページ
   http://www.anzen.mofa.go.jp/
(2)外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
   TEL(代表):03-3580-3311 内線 2902、2903

2.安全確保について(たびレジの登録、在留届の提出)
(1)滞在日程、宿泊先、移動手段、連絡先等を、ご家族等に伝えて渡航してください。
(2)滞在先最寄りの日本国大使館又は総領事館をあらかじめ確認してください。
(3)外務省海外旅行登録「たびレジ」を積極的に活用してください。なお、外国に住所または居所を定めて3か月以上滞在する人は、旅券法により「在留届」を提出することが義務付けられています。
         ○外務省海外旅行登録「たびレジ」
         https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
         ※「たびレジ」とは、外務省が提供する、いざという時に在外公館などから緊急時の情報提供を受けられる海外旅行登録システムです。
         ○インターネットによる在留届電子届出システムORRnet
         https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/
(4)海外旅行傷害保険に加入し、不意の事故や病気に備えてください。
(5)教職員は、所属長へ旅行届を提出してください。
                                                                                                                        
以 上