文字サイズ

<8/3・要申込>「ささしまライブ地区エリア開発の展望 ~リニア中央新幹線開業と名古屋駅周辺開発マネジメント~」(日本計画行政学会・愛知大学共催シンポジウム)

研究・シンポジウム

ささしまライブとリニア中央新幹線の建設が進む名古屋駅 (写真提供:毎日新聞社)

リニア中央新幹線によって結ばれるスーパーメガリージョン構想により、名古屋大都市圏は今後大きな変容が予想されます。その変容の中⼼となる拠点地区として位置付けられているささしまライブ地区は、名古屋大都市圏の玄関口にふさわしい開発エリアとして2017年にまちびらきが行われました。一方、リニア中央新幹線品川〜名古屋間の2027年開業に関連した様々な周辺開発が進展しており、ささしまライブ地区エリア開発の戦略性が一層重要となっています。
この公開シンポジウムでは、「ささしまライブ地区エリア開発の展望」をテーマに、エリア開発の現状と将来にフォーカスし、この地区の未来を創出するために何が必要なのか、有識者による議論を深めていきます。

<日時>2019年8月3日(土)15:10〜17:10
<会場>愛知大学名古屋キャンパス 講義棟6階 L606教室
   名古屋市中村区平池町4-60-6(ささしまライブ内) 
   名古屋キャンパスへのアクセスはこちら

<プログラム>
開会あいさつ:福島 茂 ⽒(名城大学 都市情報学部教授)
基調講演: 「ささしまライブ地区エリア開発の経緯と将来」
 光安 達也 氏(名古屋市住宅都市局長)
パネルディスカッション:
・光安 達也 氏(名古屋市住宅都市局長)
・元木 敬文 氏(ささしまライブ24まちづくり協議会 中京テレビ放送(株)総務局総務部長)
・永柳 宏 氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事業本部 地区本部副本部長(名古屋本部))
・秀島 栄三 氏(名古屋工業大学 大学院工学研究科教授)
◎コーディネーター:戸田 敏行(愛知大学 地域政策学部教授)

主催: 一般社団法人日本計画行政学会 中部⽀部
共催: 愛知大学(※文部科学省 私立大学研究ブランディング事業)
   ※文部科学省の2018(平成30)年度「私立大学研究ブランディング事業」に愛知大学の取り組み「『越境地域マネジメント研究』を通じて縮減する社会に持続
    性を生み出す大学」が採択されました。 詳細はこちらをご覧ください。

【申込み】
公開シンポジウムの参加お申し込みは、参加申込書を下記URLからダウンロードの上、事務局までメールもしくはFAXにて、7月26日(金)までにお申込み下さい。
会費は無料です。⽇本計画⾏政学会中部⽀部事務局ホームページ http://www.criser.jp/about/action/japan.html

【申込み・お問い合わせ先】
⽇本計画⾏政学会中部⽀部事務局 (公財)中部圏社会経済研究所内 担当:森
〒460-0008 名古屋市中区栄4-14-2 久屋パークビル3F
TEL:(052)212-8790 FAX:(052)212-8782 E-mail:mori@criser.jp


チラシPDF