在校生・修了生からのメッセージ

実力を磨く徹底した学びと充実した環境。

未修者コース 2017年3月修了
高橋 良太さん

愛知大学法科大学院の魅力は、法律家として必要な基礎知識を十分に理解し、それを具体的事案の解決に用いる能力を修得できる環境だと思います。1〜2年次は基礎的な知識を修得する講義科目が、2〜3年次はこれらの知識をどのように用いるかを学ぶ演習科目がメインとなっており、法律家にとって必要な知識や能力が、段階的・計画的・道理的に学べるカリキュラムになっています。また、少人数制で学ぶ環境では、先生方と学生、学生同士の距離が近く、和気あいあいとした雰囲気の中で助言をいただいたり、自主ゼミを開催したりしました。学生のみならず、先生方も一丸となって学び合ったおかげで、司法試験合格へ導いていると実感します。さらに、図書館内の自習室には、学生一人ひとりにキャレルが割り当てられ、時間を問わず自由に勉強できたのも大変助かりました。こうした真の法律家を育てる徹底した学びと充実した学びの環境は、司法試験の合格率の高さにも表れていると思います。

丁寧な指導により、自分で気づき、学び、考える力を養うことができます

未修者コース 2017年3月修了
林 沙織さん

私が愛知大学法科大学院に入学を決めたのは、少人数制教育に力を入れて、学生一人一人に目をかける行き届いた教育を行うという点でした。大学時代は法学部に所属していたものの、司法試験勉強対策をとっていなかったため、徹底的に基礎から学ぶ必要があり、そのためには丁寧な指導をしていただけるところに入学したい、と考えたからです。
実際に入学してみると、期待通りの教育方法、勉強環境に満足しております。正課の授業以外にも、チュータゼミなる授業が開講され、若手弁護士の先生方が授業で理解しきれなかった点などを親身になって指導してくださいます。これにより、授業のフォローがなされています。また、2年次からは演習が始まり、双方向の授業が増え、先生方との質疑応答を中心に授業が進み、その度に自身の知識不足や誤りがあれば気づくことができました。そして、多くの学生が理解不足の点については、より詳しい補足説明がなされ、学生の習熟度に合わせた授業が展開されています。これも、少人数ゆえに先生方が個々の学生の実力を学生以上に熟知してくださるからだと思います。
そのうえ、学生や先生方からの問題提起で、様々な視点からの議論が展開されることによって、より深い理解を獲得することができました。また、覚えることが多く、教科書の暗記に走りがちな司法試験ですが、自分で考える力を身に着けるということを非常に大切にしている教育方針により、単なる暗記に走ることなく、常に疑問を持ち、事案や問題を分析的に考えていくことを学びました。
将来は弱者、特に少年や女性の側に立って、彼らのために活動する弁護士になりたいと考えています。常に探究し、向上心をもって、さらに多くのことを在学中に吸収し、地域に貢献できる弁護士となれるよう、今後も精進して参りたいと思います。