文字サイズ

ニュース

「沖縄事業承継フォーラム-沖縄の事業承継のかたちを求めて-」を開催しました

お知らせ
 愛知大学では3月1日に、沖縄県内の4団体と共催の形で、沖縄県那覇市で「沖縄事業承継フォーラム-沖縄の事業承継のかたちを求めて-」を開催いたしました。本フォーラムは、本学の打田委千弘教授(経済学部)の研究が、日本学術振興会「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業-実社会対応型プログラム-」に採択されたことに端を発しており、資金面でサポートをいただいています。

 今般、本フォーラムは、中小企業庁が2018年秋から取り組んでいる全国事業承継推進会議と連携する形で行われ、第1部は、中小企業庁等主催の沖縄事業承継推進会議、第2部は、本学と沖縄県内4団体主催のパネルディスカッションの形で行われました。第1部、第2部とも、会場には約300人の参加者が集まりました。

 第1部では、玉城デニー沖縄県知事のメッセージ、ならびに安倍晋三内閣総理大臣のビデオメッセージが紹介され、その後、打田教授がモデレーターを務め、沖縄県内の中小企業2社における親子間の事業承継の具体例が、さまざまな質疑応答を交えて紹介されました。続く第2部では、冒頭で本学の田本健一副学長が挨拶を行い、その後、沖縄県内の金融機関等の有識者により、事業承継における地域金融機関等の役割、支援状況や今後の課題等のパネルディスカッションが行われました。参加者は、時に笑い、時にうなずきながら、自社における事業承継と重ね合わせて熱心に耳を傾けていました。

 愛知大学では今後とも、打田教授の事業承継研究を支援し、沖縄県ひいては全国の事業承継モデル構築の先駆けとなるような取り組みに尽力してまいります。


(フォーラムの様子)


(第1部でモデレーターを務める打田委千弘教授)


(第2部で主催者挨拶を述べる田本健一副学長)