News & Topics

2018年度留学生研修旅行を実施しました。


1027日(土)に2018年度留学生研修旅行を実施しました。これは海外からの留学生に日本の文化や歴史を体験してもらい、日本人学生とも交流することを目的に毎年実施しているものです。今年度は三重県伊賀地方にて実施し、関宿、伊賀上野城、伊賀流忍者博物館、くみひも組匠の館を訪問しました。

 

今回の研修旅行には留学生50名、日本人学生53名に中国交換研究員および教職員を含めた110名が参加しました。また研修旅行前には事前講義を実施し、訪問先の歴史、文化などの予備知識を深めた上で研修旅行を実施しました。

 

当日はまず、東海道五十三次の47番目の宿場町として栄えた関宿を訪問、昔ながらの町並みを散策しました。その後地元ブランド「伊賀牛」の牛鍋を昼食として頂いたのち、目的地である伊賀上野公園を訪れました。ここでは3グループに分かれ、伊賀上野城、伊賀流忍者博物館を見学し、伊賀の伝統工芸である組みひも体験を行いました。学生たちは説明を聞きながら、専用の丸台を利用して糸を交互に組み合わせ、各自キーホルダーやブレスレットを作成しました。

 

当日は天候にも恵まれ、日本の歴史、文化を学びながら、留学生と日本人学生が交流する良い機会となりました。

 

 

 

このページの先頭へ戻る↑