News & Topics

江蘇省大学生一行が来学しました


7月23日(月)・24日(火)午後、複数の本学協定校がある中国江蘇省から、2018年大学生日本文化交流団が本学名古屋キャンパスを訪問されました。
この訪問団は、江蘇省教育委員会が主催するもので、江蘇省内の大学に在籍する日本及び日本留学に興味がある学生により構成されており、東京、大阪、京都などを訪問した後、最後の訪問地として愛知県を訪れ、本学を訪問されました。
一行は江蘇大学、揚州大学、蘇州大学、南京農業大学、南京航天航空大学の6大学、およそ90名の学生及び引率の教員、関係者などで、2日に分かれて来訪、本学からは学生ボランティア(日本人学生・中国人留学生)18名を中心に対応しました。
学生交流会では本学の紹介の後、江蘇省学生と本学学生によるフリートークが行われ、日本や中国について、日本での留学生活について等、和やかな雰囲気の中活発な情報交換が行われました。
江蘇省大学生の中には日本への留学を希望している学生も多くいたことから、「日本の大学や生活について知ることができて良かった」、「頑張って日本語を勉強しなければならないと感じた」等の感想が聞かれ、本学学生からは「留学生活について中国の学生に伝えることができて良かった」、「久々にたくさん中国語を使うことができた」等の感想が聞かれました。
その後のキャンパスツアーでは学生ボランティアの案内のもと学内を巡り、本学への理解と交流を深めました。
短い滞在時間でしたが、学生ボランティアの活躍もあり、本学及び双方の学生にとって有意義な時間を過ごすことができました。

このページの先頭へ戻る↑