News & Topics

トリード大学から来日中の学生が豊橋市長を表敬訪問しました


 トリード大学から来日し、本学で約1か月間の「トリード大学短期語学研修(日本語)」を受講中の7名の学生が豊橋市役所に佐原光一豊橋市長を表敬訪問しました。
冒頭、本学側より今回の短期語学研修プログラム概要について紹介があり、学生がひとりひとり、日本語で簡単な自己紹介を行いました。
 佐原市長からは豊橋市と姉妹都市提携を結んでいるトリード市との交流について、豊橋市の文化や名産の手筒花火などについての紹介がありました。豊橋市内の中学校で英語を教えるプログラムなどについても触れられ、「ぜひ、また豊橋に戻ってきてほしい」という言葉がありました。
 会談では熊本城や名古屋城、豊橋の吉田城などの日本の城や、武田信玄、織田信長といった戦国武将についてまで話が広がり、学生にとってたいへん楽しい訪問となりました。また、佐原市長には終始、にこやかにご対応いただきました。
 学生たちは口々に、「豊橋が好き」、「豊橋にまた来たい」と言っており、豊橋という街が気に入った様子でした。

(写真上)
  佐原光一豊橋市長(右端)と記念写真
(写真下)
  日本語で自己紹介する学生たち

このページの先頭へ戻る↑