HOME > さくら21 > さくら21活動アーカイブ

さくら21活動アーカイブ

「現地主義」教育を深める
現地プログラムでの「さくら21」活動

中国・天津の大学(天津財経大学、天津科技大学、南開大学濱海学院ほか)と学生交流会を実施しました。


  • 日本語だけで30分、中国語だけで30分話す

  • 互いの文化発表、歌のパフォーマンスなど

  • キャンパスツアー、図書館見学なども

日本発信サティフィケイト(認定証)

現地プログラム中の学生が、交流活動やイベントなど日本発信に関わる活動やできごとをレポート。1レポートにつき1枚「日本発信サティフィケイト(認定証)」を発行し、「さくら21プロジェクト」の一環として、正式に認定。留学中の活動の「足あと」を目に見える形で残します。

中国・西安の大学生との交流≪西安交流

西安交通大学城市学院の学生と、ビデオレター形式の交流やオンラインでの交流活動を行いました。


  • 中国の学生の「日本」についての質問に、映像コンテンツを作成し答える

  • オンライン交流では、日本語や中国語を交え交流。伝えるために文字や図も駆使

海外フィールドワーク≪台湾交流プログラム

台湾の大学生と混成グループを編成し、台湾(春)と日本(夏)で各1週間程度のフィールドワークを合宿形式で実施しました。最終日にはその成果を発表します。調査テーマから調査先決定まで、事前打合せは全てインターネット(SNS)を通じて話し合い、全活動を通じて学生主体で取り組んでいます。


  • 台南市(台湾)の塩田にて塩づくり体験
    (2014春の交流にて)

  • 台南市(台湾)の昔ながらのお菓子の作り方を取材
    (2014春の交流にて)

  • 豊橋市・花園商店街でインタビュー
    (2014夏の交流にて)

  • 成果発表会(愛知大学・豊橋校舎)
    (2014夏の交流にて)

  • 46ページの報告書も発行!
    (2014夏の交流にて)

  • 送別会
    (2014夏の交流にて)

JICA中部の外国人研修員との交流

おもてなしプロジェクト

  • 研修員に名古屋の観光スポットや日本の文化を紹介
ジェネラル・オリエンテーション

  • 「クールジャパン」をテーマにした英語での講義を研修員と共に聴講
≪日本文化体験教室≫

学内の留学生との交流

ウェブコンテンツ作成

≪名古屋へおいでよ≫