2017/03/28

さくら21プロジェクト・留学生と行く! ~ NHKのど自慢出場への道の巻~

日曜日のお昼は明るく! 楽しく! 元気よく! で始まる国民的TV番組「NHKのど自慢」。この番組への出場を日本人学生と留学生(中国、インドネシア、アメリカ)の混合チームが目指しました。「NHKのど自慢」は、書類審査と予選会を通過した20組のみが本選に出場、つまりテレビ出演することができる歌番組で、歌好きな人にとっては憧れの舞台です。チームは見事、8倍の難関である書類審査を通過し予選会への出場を勝ち取りました。本選出場を目指し参加した予選会では健闘しましたが、結果は残念ながら本選に出場できる20組には選ばれず、今回のチャレンジを終えました。
しかし、予選会までの道のりも長く、険しいものだったようです。メンバーは、お互いに立ちはだかる言語や文化の壁をどのように乗り越えたのでしょうか。以下、企画・運営学生からの声を日本語、英語、インドネシア語、中国語でお届けします。

≪日本語≫
1月28日(土)に岡崎市で開催された「NHKのど自慢」予選会に出場しました。約2000通のはがきの中から250組に選ばれ、20組の本選出場を目指しました。留学生と日本人学生が歌の国際交流を目的に活動を行いました。

予選に向け、学内の練習と合わせて、カラオケでも練習をしました。その成果もあり、予選本番では、メンバーとアイコンタクトをとり、笑顔で楽しく歌うことができました。

そんなのど自慢チーム、実は予選当日まで課題が山積みでした。練習時間の確保、参加者のモチベーション、特にメンバー間のコミュニケーションが難しいと感じました。日本人にとっては馴染みのある「NHKのど自慢」。しかし、留学生にとっては、「Xファクター」、「アメリカンアイドル」のような欧米の厳しいオーディション番組のように考えていたようです。そこで認識のズレがありました。


collage4
左:学内で説明会を実施。人集めに苦戦しましたが、
企画に賛同してくれた1年生が参加してくれました!
右:学内での打ち合わせの様子。パフォーマンスで歌う曲、練習日を相談。相談した結果、世界中の人が知っている「Let It Go~ありのままで~」を多言語で歌うことにしました。


collage5
左:カラオケでも練習しました。「ありのままの~♪」
右:「NHKのど自慢」予選会当日の朝。本選出場を目指し、全力で歌います!

しかし、私たちは、日本語だけでなく、英語、中国語で会話をしたことで、全員が理解できるよう工夫し、配慮し合いました。その結果、私たちの歌の国際交流は、何度も顔を合わせたこともあり、今でも連絡をする友人関係を築くことができました。

本番には出られませんでしたが、この企画に参加をしたことで、貴重な経験と大切な仲間を得ることができたと思います。 のど自慢チームをサポートしてくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

17393028_591689084373284_433070541_n
パフォーマンス直後。明るく、楽しく、元気よく歌いました!

≪英語≫
We perform at Japanese show Nodo Jiman audition on January 28th. Nodo Jiman show its very popular in Japan, from around 2000 post cards that people send to NHK, only 250 postcards got choose to perform in audition, and if get chosen again in the audition contest then get ready to the final performance that will watch all over Japan and some of countries around the world. To be able perform on this show, we reach our goal made an event that foreign students and Japanese students can get along together and be good friends.

We did many preparations for the audition, like we practice singing together at our college and a KARAOKE box. Also we talk and arrange how we will act or behave when we perform, like when we sing we have to make eye contacts and smile, and we did a good job when we perform the song at the audition.

Actually, till the day before the audition day, inner team had a lot of struggles about many things. Like how to build motivation inside the team and also we have communication trouble and miss because many of foreign students in our college just speak very little Japanese and miss understanding about the show around foreign students, that they think this audition heavily that make they stress.

But, thanks our bilingual and trilingual members that except Japanese they can speak in English, Indonesian and Chinese too. Those members help explain to foreign students and make clear everything about our purpose and goal on this event. After many troubles and miss communication that we can handle good way, now all of the team become a really good friend, we also made group chat at SNS that make sure we can contact each other easily.

Even though we didn’t make till the final performance, but participate on this event such a great experience for all of us and also we made new friends from many countries. and also we want to thank you to everyone who gave a full support to our team.

≪インドネシア語≫
Pada 28 Januari, kami sebagai tim berhasil lolos mencapai babak audisi Nodo Jiman, salah satu kontes menyanyi dan menari di Jepang. Kontes dengan konsep yang kekeluargaan, unik dan asli tradisional Jepang ini merupakan kontes menyanyi yang paling terkenal di negri sakura. Kami lolos sebagai salah satu tim yang terpilih dari 250 tim, dengan total pendaftar 2000 tim pada tahap awal.

Tujuan kami ikut dalam kontes ini adalah pertukaran budaya dengan banyak murid asing di Aichi University. Mengapa harus nodo jiman? Karena nodo jiman merupakan salah satu dari budaya Jepang, dan merupakan ajang yang tepat untuk menyanyi sambil memiliki misi yang sama dengan tim internasional.

Untuk audisi tersebut tentunya kami menjadi lebih akrab dengan latihan di kampus maupun di karaoke. Tetapi, walaupun terdengar menyenangkan, ada banyak kesulitan yang kami rasakan. Karena latar belakang yang beragam ujian kami sebagai tim dimulai dari hilangnya motivasi bersama, kesulitan mengatur jadwal latihan dan member yang mengundurkan diri Karena kesalahpahaman dalam komunikasi. Walaupun begitu, kami tetap berusaha dengan cara membuat ulang lirik lagu dengan Bahasa yang berbeda-beda dan lebih memahami satu sama lain. Walaupun berat, kami tidak menyerah dan tetap berusaha menampilkan yang terbaik

Walaupun pada akhirnya kami tidak lolos ke babak final, hubungan kami yang dengan berbagai ragam latar belakang ini menjadi lebih baik. Terimakasih atas dukungannya.

≪中国語≫
在1月28日(周六)我们参加了NHKのど自慢的预选会。从2000封的来信中被选到了250组,我们的目标就是进入前二十组。这次活动是留学生和日本学生以唱歌交流为目的举行的。
在预选的方面,我们在学校内和卡拉ok练习,也有了一定的成效,真正的预当天,成员之间相视一笑,很高兴的唱完了。
参与的成员,实际上到预选当天都一直很忙,为了确保练习的时间,参与者的动机,特别是成员间的家骝都是非常难的。对于日本人来说这个节目是耳濡目染,但对于留学生来说却是非常陌生的,这个地方就有一点差异。
但是我们,不仅是说日语,也会说中文和英语,为了让大家都能够理解,我们下了很多功夫。在我们多次的见面,通过多次唱歌进行交流,直到现在我们依然保持着友好关系。
虽然没有进入决赛,但在参与这次活动中,我们得到了宝贵的经验,和友谊。
对于这次一直支持我们的人,给予帮助我们的人,表示衷心的感谢。

報告:大竹(現代中国学部)/呉(現代中国学部)/Anisa(国際コミュニケーション学部)/Fazrian(国際コミュニケーション学部)

カテゴリー:さくら21, 中国語, 留学生, 英語

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索