2014/01/17

ささしまなう #02: 名古屋駅と中村を結ぶ「めいちはし」 / Sasashima Now #02: History Lesson Time! The Meichihashi Obelisks and What They Tell Us About Sasashima’s Past…

笹島交差点にひっそりと立つ2つの石碑をご存知ですか?1つは「明治三十三年二月」。もう1つは「めいちはし」…。ん?「めいちはし」?川もないのに橋?

石碑の横に書かれていた解説によると、 「明治橋は、今の名駅南1丁目(旧祢宣町)より太閤1丁目(旧牧野町)に通じる名古屋で初めての跨線橋で…」と、ありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調べてみると、この橋は川に架かっていたのではなく、道路をまたぐ陸橋だったようです。その長さは八間一尺(約14.6メートル)、幅員は四間(約7.2メートル)というから当時としては大きな陸橋だったのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに解説を読むと、 「東海道線、関西線、中央線の鉄道と、人道をまたいで、中村と名古屋をつなぎ、広小路へと人々を導いた柳街道である。橋のたもとには、今の柳里神社があった」と、あります。当時の名古屋駅は笹島交差点のこの場所にあったのですね!しかも、当時は電車ではなく蒸気機関車ですから、人々は煙にまみれながら橋の上を通っていたことでしょう。

この橋はかつて盛り場として賑わいを見せた中村遊郭(現在の中村区大門)へ行く道につながっていたそうで、当時は四六時中人通りが絶えなかったようです。

ちなみに「明治橋(めいぢばし)」ではなく、「めいちはし」と濁点をなくしたのは、橋の下を流れる川が濁って洪水が起こることを忌み嫌った当時の人たちが名付けたそうです。陸橋なのでそんな心配は不要なのですが…。いつの時代も自然災害は脅威だったのでしょう。


大きな地図で見る

カテゴリー:ささしまなう

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索