日付アーカイブ: 2013年7月26日

2013/07/26

五感を使って日本の菓子について学ぶ / Students Use Their Five Senses to Get Acquainted With Traditional Japanese Sweets

7月6日に、さくら21科目である「総合科目(日本を知る)」の授業にて「日本食と菓子」というテーマで大阪国際大学の喜多野宣子先生に講義をしていただきました。

講義では、菓子のはじまりや甘味料の変遷、年中行事菓子についてお話してくださいました。学生が自分の目や耳、舌、鼻、皮膚感覚などを通し日本の菓子について学び、理解ができるような体験型の講義でした。

今回の授業で紹介された菓子は上古時代に菓子として食べられていた「橘」(授業では橘ジャムを試食)や唐菓子の形が伝わる「清浄歓喜団」、藤原道長が好んだといわれる「蘇」です。学生は見たこともないお菓子の形や聞いたこともない名前、見た目とは違う手触り、初めての味の菓子に興味津々でした。

DSC00488
講師の喜多野先生

v2
「清浄歓喜団」はどんな香りがしましたか?

DSC00498
「蘇」の硬さを確認する学生。

以下に学生の感想を紹介します。 続きを読む »

カテゴリー:さくら21

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索