カテゴリー: ささしまなう

2014/02/21

ささしまなう #04: 八丁味噌の歴史と製法を学ぶ ~合資会社八丁味噌で1日職場体験~ / Sasashima Now #04: Students Spend a Day Learning About the Haccho Miso Company

江戸時代初期から現在まで、359年にわたって八丁味噌を作り続けている「カクキュー」こと合資会社八丁味噌。
先日、本学の学生3名に1日職場体験をさせていただきました。

大正時代末期に建てられ、国の登録文化財に登録された趣のある本社事務所を見学した後、工場へ。ちょうど袋に味噌を詰める作業の最中でした。八丁味噌は他の味噌よりも固く、機械で袋に入れようとすると機械が詰まってしまうので手作業になるそうです。

八丁味噌_04

味噌蔵では八丁味噌を仕込む木桶の上に積まれた重石について学びました。今まで大きな地震が起こっても崩れたことがないそうで、このように積み上げるようになるまで5年はかかると聞きました。まさに職人技です。

味噌蔵内は温度調節をしないというのも驚きました。一般的に味噌は原料となる麦や米を茹でて作るのですが、八丁味噌の場合、大豆を蒸して作るため水分が少なく、どんな温度にも適応するそうです。戦争中にも保存食として重宝されたといいます。

味噌蔵を出ると、天日干しされた木桶が目に留まりました。木桶は新しいもので昭和初期、古いものでは天保年間(1830~44年)から補修されながら使っているそうです。

名古屋名物として全国に知られている八丁味噌ですが、地元にいながら知らないことが多く、今回は貴重な体験となりました。

 八丁味噌_02

カテゴリー:さくら21, ささしまなう

2014/01/31

ささしまなう #03: たった1つの、かけがえのない製品 ~株式会社松本義肢製作所を見学~ / Sasashima Now #03: Life Changing Technology. Inside the Design Lab of Artificial Limb Manufacturer Matsumoto

matsumoto本学の学生4名が義肢や装具、リハビリテーション機器の製作を手がける株式会社松本義肢製作所(小牧市)を見学させていただきました。

工房では石膏で固めた型を手作業で調整したり、コルセットに色を付けたりしていました。義肢をはじめ、扱う商品は病院からの注文を受けて、お客様一人一人の状態に合わせて製作するそうです。

お客様にとってはたった1つの、かけがえのないものとなるため、確かな知識と長年にわたって培われた技術が必要であることを実感しました。現在と過去の義肢をそれぞれ見比べることもでき、技術の進化を目の当たりにしました。

義肢や義足の価格相場はある程度決まっているそうで、技術を磨き、サービスを充実させることが重要であることも聞きました。価格で勝負できる業界に比べて大変でしょうが、その分やり甲斐もあると思いました。

今回の見学でいちばん印象に残ったのは、障がいのある方により良い生活を送っていただこうと真剣に仕事に取り組む社員様の姿でした。就職活動に向けて、とても良い刺激になりました。


r2

カテゴリー:ささしまなう

2014/01/17

ささしまなう #02: 名古屋駅と中村を結ぶ「めいちはし」 / Sasashima Now #02: History Lesson Time! The Meichihashi Obelisks and What They Tell Us About Sasashima’s Past…

笹島交差点にひっそりと立つ2つの石碑をご存知ですか?1つは「明治三十三年二月」。もう1つは「めいちはし」…。ん?「めいちはし」?川もないのに橋?

石碑の横に書かれていた解説によると、 「明治橋は、今の名駅南1丁目(旧祢宣町)より太閤1丁目(旧牧野町)に通じる名古屋で初めての跨線橋で…」と、ありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調べてみると、この橋は川に架かっていたのではなく、道路をまたぐ陸橋だったようです。その長さは八間一尺(約14.6メートル)、幅員は四間(約7.2メートル)というから当時としては大きな陸橋だったのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに解説を読むと、 「東海道線、関西線、中央線の鉄道と、人道をまたいで、中村と名古屋をつなぎ、広小路へと人々を導いた柳街道である。橋のたもとには、今の柳里神社があった」と、あります。当時の名古屋駅は笹島交差点のこの場所にあったのですね!しかも、当時は電車ではなく蒸気機関車ですから、人々は煙にまみれながら橋の上を通っていたことでしょう。

この橋はかつて盛り場として賑わいを見せた中村遊郭(現在の中村区大門)へ行く道につながっていたそうで、当時は四六時中人通りが絶えなかったようです。

ちなみに「明治橋(めいぢばし)」ではなく、「めいちはし」と濁点をなくしたのは、橋の下を流れる川が濁って洪水が起こることを忌み嫌った当時の人たちが名付けたそうです。陸橋なのでそんな心配は不要なのですが…。いつの時代も自然災害は脅威だったのでしょう。


大きな地図で見る

カテゴリー:ささしまなう

2014/01/07

ささしまなう #01:愛知大学名古屋キャンパスの昼食事情 / Sasashima Now #01: What’s For Lunch? Checking Out the Eateries on the Nagoya Campus

2012年4月、主要交通の拠点であり、先進的な企業や国際機関などが集中する名古屋駅ささしまライブ24地区に開校した愛知大学名古屋キャンパス。

ささしまなう」という新たなカテゴリでは、これからのグローバル人材を支えるハードとしての本校施設のご紹介や、国内外に発信していきたい地元の知られざる名所や旧跡、大規模再開発エリアとして発展を続けるささしまエリアの周辺情報、また、愛知県のモデル事業でもある1日職業体験や、清掃ボランティアなどの取組みを行う学生たちの姿など、名古屋キャンパスでの学生生活を身近に感じられるような情報をご紹介いたします。

それでは、「ささしまなう」の記念すべき第一回目の投稿では、愛知大学名古屋キャンパスの昼食事情をご紹介したいと思います!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本校の名古屋キャンパス周辺には多くの飲食店があります。またキャンパス内でもフードコートやコンビニエンスストア、カフェ、お弁当のワゴン販売など、気分や時間に合わせて様々な昼食スタイルを選ぶことができます。なかでもキャンパスレストラン『アペティ』は多くの学生たちにとっておなじみの場所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこで、今回は愛知大学生活協同組合 名古屋キャンパス内『アペティ』の店長、野々山幹夫さんにお話を伺いました。身近すぎる存在ゆえに知っているようで知らないキャンパスレストランの秘密に迫ります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『アペティ』は370席。一日1000~1300人が訪れるそうです。和・洋・中のメニューは約60種類あり、どれも400円以内でボリュームも満点です。 「できるだけ栄養バランスを配慮したメニューを提供したいと思っています。プライスカードにカロリーや栄養素、アレルギーの表示もしてあります。」(野々山さん)

数あるメニューのなかでも男女問わず人気なのは「塩唐揚げ丼」と、焼肉の上に温泉卵をトッピングした「パワー丼」(各398円)とか。ちなみに野々山さんのおすすめは、「中華麗(ちゅうかれー)」(420円)。このメニューは日中国交正常化40周年と名古屋キャンパス開校の記念事業として、ヤマモリ(株)(三重県桑名市)と共同開発したもの。野々山さんも試食に立ち会ったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「愛知県産の赤味噌と豆板醤、花椒、五香粉など中国の香辛料が入っています。従来のカレーとはひと味違う刺激と香りが楽しめます」とのこと。「中華麗」はレトルト入り(346円)もあり、名古屋、車道、豊橋の各キャンパスで販売しています。 「OB会など同窓生の集まりのお土産として購入するケースが多いですね。多くの人々に“母校の味”を知ってもらえればと思います。」

今後はもっと学生たちに栄養バランスのとれた食事を摂ってもらえるように、サラダやお総菜のグラム売りを検討しているそうです。学食へ行くのがますます楽しみになりました。

カテゴリー:ささしまなう

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索