HOME > 学部・大学院 > 地域政策学部 > 各コース

食農環境コース

※2018年4月、新設

食の生産と消費を見つめ 地域活性化につなぐ。

国際的な食料問題、わが国の食料自給率の低下、食の安全をおびやかす生産・流通上の問題、農業後継者不足や農地減少による生活環境・自然環境の悪化、さらに子どもの孤食化まで、食料の生産・消費をめぐる問題は多様化・複雑化しています。新たに誕生する「食農環境コース」では、こうした問題の解決につながる地域政策の立案・遂行を通して、農業や水産業を新たなコミュニティビジネスへと発展させ、ひいては地域活性化に貢献できる人材の育成をめざします。豊橋キャンパスがある東三河および遠州地域は全国でも有数の農業生産地です。この恵まれた環境を舞台として、農業の多様性と、環境維持をはじめとする農業の多面的な機能への理解を深めます。

食農環境コースの関心領域

想定されるゼミナール・卒業研究テーマ

想定されるゼミナールの主なテーマ
想定される卒業研究の主なテーマ
想定される主な就職先

専門教育科目ピックアップ

食品安全政策論

地域政策学部 教授
功刀 由紀子
食品安全政策の先駆性から公共政策の未来像を探る。
食品貿易のグローバル化により、私たちの食卓には世界中で生産された食品が並ぶようになりました。同時に、食品の安全性も国際的な問題へと拡大しています。とりわけ1990年代にイギリスに端を発した牛のBSE感染は、輸出された餌を介して世界中の牛に広まり世界の食卓に大きな打撃を与えました。今や食品の安全性確保は、重要な政治課題の一つです。国際的政府間機関であるCodex委員会が国際食品規格の策定や助言・指導など食品の安全確保に取り組んでおり、日本でも内閣府の食品安全委員会が、科学的知見に基づいた食品のリスク評価を行っています。授業では国内外の事例を挙げながら、食品の安全を確保するための政策や組織・行政の取り組みについて学びます。食品安全政策は、生産者よりも消費者の立場を重視するという点で非常に先進的な政策であり、他の公共政策の将来像を考える上でも重要な示唆に富んでいます。

公共政策コース

公共的な問題を発見し、解決策を提案する。

地域や社会といった公共空間のあり方を、自治・行政・財政・福祉・安全などの面から具体的に考え、優れた政策提案能力を身につけます。それは、問題を発見する能力であり、また、データを集めて分析し、論理を組み立て、相手を説得する能力です。こうした能力を身につけるために、持続可能な自治体(市町村など)の財政や福祉、リスクコミュニケーション、合意形成のための自治や協働、政策のプロセスなどを学びます。フィールドワークやゼミでは、自治体の政策現場の課題を学生が自ら分析し、自治体に提案することも行います。他では得ることができない実践的学習を経て、住民や顧客が本当に望んでいることを読み解き、それに応える「地域貢献力」を養います。

ゼミナール・卒業研究テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業研究の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

保健医療政策論

地域政策学部 教授
西村 正広
行政の役割を学び社会を下支えする力を。
私たちは普段、特に生命の危機を感じることなく生活しています。それは治安だけでなく、私たちの生活すべてに安心と安全を届けるため、国や自治体によって制度や政策、身の周りのシステムが整備されてきたからにほかなりません。私の授業では、その中でも保健と医療に関する行政の取り組みを学びます。たとえば、当たり前のようにきれいな空気を吸い、安全な水を飲めるのは大気汚染を防止する制度や、河川への健康被害物質の流出を防止する法令が機能しているからです。医療についても、国家資格や薬事法で医師や薬剤の質を確保することはもちろん、医療施設の適正な配置やインフォームドコンセントといった国民が安心して医療を受けられる仕組みをつくり、国民の医療に対する高い信頼を得ています。こうした人々の暮らしを下支えする取り組みを知り、日本が抱える少子高齢化や介護問題などの課題を解決できる人材となるための基礎力を養ってほしいと考えています。

地域産業コース

地域貢献を踏まえた企業活動、自治体の産業政策を提言する。

主に地域経済・産業の理論と現状、地域企業の事業活動、広域交通・情報といったインフラ整備、企業誘致といった行政の産業政策などについて学びます。学びの対象は一般企業の他、NPO・NGOや農協・病院などの非営利組織の活動などにもおよびます。地域社会には少子高齢化や人口減少、国際競争、生活格差などさまざまな問題が広がっています。こうした地域の問題を企業や行政とともに考え、問題の本質を明らかにし、政策を提言する力を養うことが本コースの目標です。そのために民間企業経営者や地方自治体の職員を講師に招いたり、産業見学会などを企画したりもします。地域経済の現場に学び、地域活性化の具体的提案を行うことが目標です。

ゼミナール・卒業研究テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業研究の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

地域金融論

地域政策学部 教授
竹田 聡
金融再生を通じて地域再生を図る。
「地域金融論」では、地域政策において重要な地域金融機関を巡る問題を考察します。すなわち、地域金融機関の実務の基本を学んだ後に、1990年代以降の金融行政の展開を考察します。さらに、CRD(クレジット・リスク・データベース)のデータを用いて日本の中小企業の実態を把握し、近年注目される地域密着型金融や、地域金融機関と地域経済・地方自治体との関係を考察します。日本の信用保証制度を諸外国の制度と比較考察したり、地域密着型金融の事例研究によって地域金融のあり方を考察したりします。2013年3月の信用金庫法施行令改正により、信用金庫は財務局の認可を得れば、取引先企業の海外現地法人に直接融資することが可能になりました。地域とグローバリゼーションは相反する概念ではないのです。こうした動きをふまえて、東海地域の金融を担う銀行員や自治体関係者をめざす人にとって有用な知識と知恵を身につけます。

まちづくりコース

魅力あるまちづくりのための実践的スキルを学ぶ。

あなたは、自分が生活している「まち」のことをじっくりと考えたことはありますか。自分の「まち」にどのような問題があり、どうすれば魅力的な「まち」になるのだろう―そのように考えていくことが、「まちづくり」のスタートラインなのです。本コースでは、これからのまちづくりを担う人材を育てるために、都市計画や中山間地計画などの基礎知識の修得、社会実験による問題発見と解決手法、GIS(Geographic Information System・地理情報システム)や住民参加によるワークショップ技術などの実践的学習を進めています。こうした技術修得の体験は、まちづくりだけでなく、行政・企業・NPOなどの活動に活かすことができます。まちづくりコースは「まちづくり」を実践します。

ゼミナール・卒業研究テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業研究の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

災害と防災

地域政策学部 准教授
鈴木 臣
自然災害とその対策を科学的に捉える。
日本は自然災害が大変多い国です。毎年何度も台風の襲来を受け、集中豪雨による水害・土砂災害の被害はニュースでたびたび見聞きします。特に2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は記憶に新しいことでしょう。自然災害そのものを抑止することはできませんが、自然災害に対する理解を深め、備えることは可能です。この備え(防災・減災)は、今や都市機能の維持やまちづくりには欠かせません。この授業では、災害の原因となる自然現象の仕組みと防災・減災の現状を、国内外の事例から学びます。特に自然現象の科学的な理解を重視することで、科学がどのように地域社会を支えているかを知るきっかけにしたいと考えています。災害大国である日本は、同時に防災・減災技術大国でもあります。自然災害のネガティブな面だけをとらえることなく、その災害対策で世界に貢献するという発想につなげてください。

地域文化コース

多文化への理解を深め、地域文化の振興に活かす。

それぞれの地域には、人々と自然環境との共生の中で築かれてきた文化があります。その地域文化がどのように形成されてきたのかについて知ることは、よりよい地場づくりに不可欠です。また、近年では、地域の文化が地域資源としてさまざまな形で活用される傾向にありますが、それは新たな地域文化の創出にもつながります。たとえば、地域の古い町並みが保全されることで、観光資源として活用されることなどがそれに当たります。本コースでは、グローバルとローカルという2つの大きな視点から地域文化にアプローチするため、歴史学・文化人類学・生活文化学・観光学・言語学・異文化論などについて学ぶことによって地域文化の振興を担う人材を育成します。

ゼミナール・卒業研究テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業研究の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

エスニック・アート

地域政策学部 教授
高橋 貴
多彩な民族文化を学び世界に思いを馳せる。
 私はこれまでに世界各地の民族を見てきました。標高4,000メートルで家畜を飼育するヒマラヤ山地民、アマゾンのジャングルに住む狩猟漁労民、サハラ砂漠やアラビア砂漠のテントに住む遊牧民、繊細な工芸文化を持つアラスカ先住民、歴史と伝統のある南インドの農耕民、カーニバルで盛り上がるドイツやイタリアの人びとなどです。いずれも独特の文化を営み、人類文化が実に多彩であることを実感させてくれました。インターネットの普及により地球は狭くなったように感じますが、地球上には興味深い文化がまだまだ存在します。授業ではモロッコの装飾タイル、インドの象嵌細工、カーニバルの映像など具体的な資料を用いながら「民族の美と技」について解説します。またエスニック・アート(民族芸術)とファイン・アート(純粋芸術)の違い、たとえばピカソを知っていてもなぜインドやアフリカの画家を知らないのか、考えます。

健康・スポーツコース

スポーツで地域に貢献できる人材を育てる。

健康・スポーツコースのねらいは、少子高齢社会における健康づくりとスポーツ振興の政策や施策を学ぶことです。現代社会においてスポーツには、健康づくりだけでなく、まちづくりや地域経済の活性化の役割も期待されています。こうした中、スポーツを通じて地域社会が抱える課題の解決や地域貢献ができる人材を育成します。そのために、健康科学やトレーニング科学、健康スポーツ政策論や地域スポーツ運営論、スポーツ産業論やスポーツ経営学など、健康とスポーツに関する諸理論や科学的知見について幅広く学習します。本コースの特長は、地域貢献活動やスポーツ現場でのフィールド調査、インターンシップやボランティア体験などの多彩なフィールドワークにあります。

ゼミナール・卒業研究テーマ

ゼミナールの主なテーマ
卒業研究の主なテーマ

専門教育科目ピックアップ

スポーツ心理学

地域政策学部 准教授
尼崎 光洋
心理学を自身で体得し多彩な力を養う。
スポーツの練習方法や指導方法には、経験則だけでなく、科学に裏づけられた方法があります。そういったスポーツの実践や指導にかかわる方法論や諸問題(例:動機づけ、運動学習、メンタルヘルス)を心理学の立場から明らかにする学問がスポーツ心理学です。授業では、競技力向上を目的としたメンタルトレーニングの方法やコーチングなどを学びます。また、心理テストを用いて、メンタルヘルスのチェックや自身の強みを探ることもします。さらに、身体を動かしながら行う簡単な実験を通じて、得られたデータを基にグループディスカッションを行い、スポーツの心理的側面の理解を深めていきます。授業を通じて、心理学の観点から、スポーツにおける課題を解決できる知識とスキルを身につけ、実際のスポーツ現場で活かしてほしいと考えています。