HOME > 学部・大学院 > 大学院

大学院募集要項

2016年度大学院募集要項のご紹介です。

大学院長挨拶

大学院長からのメッセージです。

法学研究科

中部地区でいち早く設立された長い歴史を持つ、理想的な少人数教育の大学院です。

経済学研究科

転換期にある日本及び国際経済の課題を複眼的な視点から考察する専門能力を育成します。

経営学研究科

研究者と専門職業人の養成を大きな柱に、多様な社会人のニーズにも応えます。

中国研究科

日本初で唯一の、広く中国に関わる人文・社会科学を総合的に研究する研究科です。

国際コミュニケーション研究科

言語コミュニケーション・国際関係・多文化間比較の 三領域から世界を研究しています。

文学研究科

「人間に関する問題を探究する」 という姿勢を基本に、学問の豊かさをめざします。

研究科の構成

※2017年4月に法学研究科、経済学研究科、経営学研究科、中国研究科、国際コミュニケーション研究科は名古屋キャンパスに移転予定です。

学納金等(2016年度入学生)

課程別
種別
博士前期課程(修士課程) 博士後期課程
初年度納入金 初年度納入金
入学金(入学時のみ) 200,000円 200,000円
授業料(年額) 610,000円 610,000円
教育充実費(年額) 170,000円
(100,000円)
170,000円
その他委託徴収金(年額) 18,000円 18,000円
  1. 本学出身者については、入学金に関し特別措置制度が適用される場合があります。詳細は入学手続書類送付時に通知します。
  2. 授業料及び教育充実費については、それぞれ春学期と秋学期に分けて2分の1ずつの納入です。
  3. 私費外国人留学生の場合、授業料減免制度があります。
  4. 委託徴収金:学友会費(4,000円)、同窓会費(14,000円)
  5. 教育充実費の()内は経営学研究科の夜間コースです。

2年次以降の学納金等について(博士前期課程(修士課程)2年次、博士後期課程2・3年次)

授業料

法学研究科、経済学研究科、経営学研究科(夜間コース含む)、中国研究科、国際コミュニケーション研究科、文学研究科については、2年次以降年額10,000円ずつ増額となります。

教育充実費

法学研究科、経済学研究科、経営学研究科(夜間コース含む)、中国研究科、国際コミュニケーション研究科については、2年次に年額40,000円増額となります。

奨学金制度

※奨学金制度は変更する場合があります。詳細は車道教学課、豊橋教務課にお問い合わせください。

研究活動に対する経済的支援

※研究活動に対する経済的支援は変更する場合があります。詳細は車道教学課、豊橋教務課にお問い合せください。

資料請求・問い合わせ

法学・経済学・経営学・中国・国際コミュニケーション研究科

車道教学課 大学院係
〒461-8641 愛知県名古屋市東区筒井2丁目10-31
TEL.052-937-8115 FAX.052-937-8148

文学研究科

豊橋教務課 大学院係
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1-1
TEL.0532-47-4120 FAX.0532-47-4136