HOME > 学部・大学院 > 大学院 > 文学研究科

「人間に関する問題を探究する」
という姿勢を基本に、学問の豊かさをめざす

研究科の沿革・概要

「人間に関する問題を探求してゆく」というのが基本的な姿勢であり、3専攻ともに基礎的、専門的研究を通して学問の豊かさ深さ面白さを体得します。その際学生諸君一人ひとりの才能と個性を大切にし、それらを伸ばすことを最優先に考えます。
大学院がめざすものはもちろんアカデミズムですが、他方では社会に出て直接役立つ専門的知識や教養を身につけることも大切です。
フィールドワークやその他の実際的活動を通してそれらは体得されるでしょう。加えてグローバルな視点も忘れてはなりません。日本を含めたアジア、ヨーロッパ、アメリカ諸国の言語・文化・社会・思想を通じて、国際的感覚を身につけ、世界に通用する人材を養成します。最近では在学中に海外留学する学生も増えてきました。つぎの時代を担う若い学生諸君に心からエールを送りたいと思います。


研究科の特色

すでに学部の4年間に身につけた基礎的な学問や教養をさらに深化させ、より一層アカデミックなものに近づけるのが大学院であるとすれば、本研究科は3専攻ともに、特色ある教員を擁し、真摯な態度で学生諸君と日々研究に励んでいます。教員の学問的成果も学界の水準に達するものであり、国際的な評価を得たものもあります。このような環境のもとで大学院生活を送ることのできる学生諸君は幸せだといってよいと思われます。何よりも自由な雰囲気が本科の特色であり、学生同士、教員と学生諸君が歯に衣着せずに議論を戦わせている光景が多く見られ、こういった恵まれた環境の中から優れた学問的成果が生まれてくると思われます。

専攻紹介

日本文化専攻
グローバリズムの大きな波のなかにあって、自国の文化に目を向ける必要性はこれまで以上に高まっています。修士課程においては、「民俗学」「日本史研究」「日本文学・語学研究」を中心に、古代から近・現代にいたるわが国の歴史や文学・文化の諸問題を個別的に研究する一方、その枠にとらわれることなく、横断的、総合的により新鮮な領域を開拓すべく、民俗学や宗教学、地域論などの関係諸分野を取り入れ、特色あるカリキュラムを編成しています。修了後は主に教育機関で活躍できる人材を養成することをめざしています。博士後期課程においては、修士課程で培った研究を深め、さらに専門的な知識、思考力、分析力を涵養し、研究者や高度な専門分野の仕事に従事できる人材を養うことを目的としています。
地域社会システム専攻
本専攻は、社会学及び地理学を主たる構成要素とし、環境学や地域政策学など関連する領域と連関させながら地域社会について多面的、複合的、実証的に分析し、地域社会の具体的諸課題の解決と地域社会のあり方をシステムとして構想し、具体化を実践的に取り組むことのできる専門的な能力を養成することを目的としています。修士課程においては、地域社会に関する多様な領域の個別研究の成果と、諸課題に関する学際的連携による研究をふまえて、地域社会の地理・環境、経済・政治活動、組織・集団関係、地域文化、住民の生活・活動など複合的、有機的に構成される地域社会システムについて、その構造と変動過程の解明と再構築をめざして多面的な研究を行い、課題解決のための専門的能力を有する人材の養成をめざしています。博士後期課程においては、地域政策、地域計画、地域活動などの諸要素を有機的に組み込んだ地域社会の再構築を構想し、新たな地域社会システムのあり方を探究することのできる研究者及び地域計画や地域政策に関わる高度な専門的職業人の養成をめざしています。
欧米文化専攻
修士課程においては、西欧と北米の文化について、思想・文学・歴史・言語の諸分野の研究をおこない、西欧文化と北米文化の特質を分析解明し、ひいては日本文化の発展に寄与することをめざします。博士後期課程においては、修士課程の成果を踏まえ、なお一層諸研究を深化させ、高度な専門性を要する職業につく人材を養うことを目的とします。

※修士課程と博士後期課程を設置

在学生の声

文学研究科 日本文化専攻 前川 拓さん

私が文学研究科に進学を決意した理由は、将来博物館の学芸員として働きたいという強い思いがあったからです。
私は愛知大学地域政策学部から大学院の文学研究科に進学しました。そのため、入学当初は知識不足な面が多々ありました。しかし、多くの先生方、また先輩方に様々な場面でサポートをしていただき、入学してから現在までとても充実した日々を過ごすことができています。私が受けた授業では、中世・近世・近代のそれぞれの時代の史料を使って学修し、少人数のため、わからないことがあれば先生や先輩方に気軽に質問することができ、とても有意義な時間を送っています。
大学院は、目的をもって行動することでその人にとって中身の濃い時間を過ごせる場所だと思います。大学院へ進学を考えている方もぜひ、入学した際には自分の身になる濃い時間を過ごせたらと思います。


関連リンク