HOME > 学部・大学院 > 大学院 > 法学研究科

中部地区でいち早く設立された長い歴史を持つ、理想的な少人数教育の大学院

研究科の沿革・概要

本研究科には、公法学専攻、私法学専攻の博士後期課程が置かれています。 公法学専攻の修士課程は1953年、同博士後期課程は2001年に設置され、これまでの前期課程の修了者は234名、後期課程の単位修得者は1名です。また、私法学専攻修士課程は1957年に、同博士後期課程は1963年に設置され、前期課程の修了者は237名、後期課程の単位修得者は18名となっています。
法科大学院が2004年度からスタートしたことに伴い、2005年3月に公法学専攻・私法学専攻の修士課程を廃止しましたが、博士後期課程はそのまま存続しています。他大学の修士課程修了者、および、とくに法科大学院修了者(法務博士)が研究職の道を歩むために、博士後期課程に進むことを期待しています。同時に、税理士など高度専門的実務家の育成も重視します。


研究科の特色

沿革でふれましたが、愛知大学大学院法学研究科は、法学部門で中部地区ではいち早く設立された長い歴史を持つ大学院です。研究科をさらに2つの専攻に分けて設置していることで、より専門的な研究に資する環境を提供しています。経験豊富なスタッフの下で、理想的な少人数教育を行うことをめざしています。

専攻紹介

公法学専攻
憲法・行政法、刑事法および政治学、基礎法諸領域を研究します。愛知大学建学の精神である「国際的教養と視野をもった人材の育成」「地域社会への貢献」をめざし、国際・国内社会における法のあり方を徹底して考えます。法学の学理追求を重んじることが特色です。創設以来、大学教員、公務員、税理士などとして活躍する修了者を輩出しています。
私法学専攻
民法や商法など私法学を中心とし、学理追求を重視しています。工夫をこらした指導と充実したカリキュラムにより、現実問題の法的分析力・問題解決能力の向上をも図っています。創設以来、大学教員、公務員、税理士などとして活躍する修了者を輩出しています。

※博士後期課程のみ設置

法科大学院修了者特別入試

2013年度入試より、法務博士の学位を有する者を対象とした法科大学院修了者特別入試を実施しています。法科大学院修了者特別入試は実務的教育を受けた高度の法律専門能力を備えた学生を広く受け入れ、生活に根ざした緊要な問題を提起でき、法実務と法理論との架橋となる新しい研究者の養成を目的としています。なお出願者は、車道教学課大学院入試係を経由し、希望する専修科目の担当者と出願前に相談してください。

関連リンク