HOME > 学部・大学院 > 大学院 > 国際コミュニケーション研究科

言語コミュニケーション・国際関係・多文化間比較の三領域から世界を研究

研究科の沿革・概要

国際コミュニケーション研究科は2002年に設置されました。当時本学大学院は法学、経済学、経営学、中国、文学の5研究科を擁していましたが、新たに本研究科を設置したことにより、大学院レベルでの国際コミュニケーションに関わる研究教育を充実させました。
世界的規模でこれまでとは異なった国際化が進む中、学部教育に接続して、あるいは既に社会で一定の活動を経た後に、多くの方々に国際社会と地域の発展をめざして、本研究科で勉学に取り組んでいただきたいと思います。


研究科の特色

国際コミュニケーションに関する学問領域は広範囲にわたりますが、次の三つの領域のいずれかを主要に研究することになります。同時に、これら3領域を組み合わせた教育プログラムによって国際性における幅と奥行きの実現を図ります。

専攻紹介

言語コミュニケーション研究領域
国際的なコミュニケーション媒体としての英語に関する専門的知識と運用能力に力点をおく《英語部門》と、日本語教育者をめざす人のための《日本語部門》から成っています。
国際関係研究領域
国際関係と国際ビジネスの知識に重点をおいて社会科学的思考・メソッドの開発修得をめざします。
多文化間比較研究領域
文化人類学・フォークロア及びフィールドワークの構想力と思考方法に基づいて多種多様な文化を理解する柔軟な姿勢を養います。

※修士課程のみを設置

在学生の声

国際コミュニケーション研究科  Wei Xiwenさん

If you ask me why I want to apply for a graduate school at Aichi University, I would say that the graduate school is the best for me to study English language and education. During four years of my university life, I had learned about a lot of professional knowledge and practical skills about English education, but I realized that I wanted to study more. In my opinion, further study is actually necessary for me to accomplish my educational objectives. Therefore, I prefer to go on to a graduate school of international communication at Aichi University. All professors have the experience of studying abroad in an English-speaking country and they have rich experience in English teaching. Therefore, I studied my professional knowledge about English education more deeply. I was exposed to some new concepts of English language and English teaching methods, such as “English as a Lingual Franca” and “the Audio-lingual Method.” I also learned about the advanced ideas of European and American countries about English learning. I think these professional knowledges and learning experiences can help me become a better English teacher.
When you want to have academic challenges and are eager to learn about English language and education more, you need to apply for a master’s program in the graduate school of international communication at Aichi University.


関連リンク