HOME > 学部・大学院 > 大学院 > 経営学研究科

研究者と専門職業人の養成を大きな柱に、多様な社会人のニーズにも応える

研究科の沿革・概要

本学に経営学研究科が設置されたのは1977年のことです。この研究科が新設されるまでは、経営学関係専門科目、演習等は経済学研究科の中で開講されていました。また経営学研究科の新設とはいえ、はじめに設置されたのは博士前期課程(修士課程)であり、博士後期課程はその2年後に発足しています。さらにその3年後、初めての博士号を出すことでようやく完成をみるに至りました。
経営学研究科は、これまで30数年間にわたって数多くの大学教員、専門職業人などを輩出してきました。博士前期課程(修士課程)の修了者は380名程度、また博士後期課程の修了者(単位取得者)は30名を超えています。最近の特長としては、社会人や留学生の比率の増加や税理士資格取得を目指す学生の増加をあげることができます。


研究科の特色

研究者および高度専門職業人の養成を大きな柱にしており、多様なニーズに応えるカリキュラムと指導体制を整えています。また、自由かつ系統的な研究を可能とするため、他研究科や(単位互換)協定校の科目を受講することもできます。国際的レベルの研究を行っている教員も少なくなく、意欲と能力に応じて高度な研究を行うことが可能です。また大学院修了後、一般企業へ就職するケースも普通のこととなり、留学生は日本の会社に就職する学生、本国で就職する学生ともにさまざまな進路へと進んでいます。2014年度からは、税理士試験の科目免除に対応したカリキュラムを整え、税理士など会計人養成を目的とした教育指導も行っています。

専攻紹介

経営学専攻
博士前期課程(修士課程)には昼間コース(※1)と夜間コース(※2)があります。昼間コースには次の2つのコースがあるので、受験時にどちらかを選択します。さらに、博士前期課程(修士課程)の上には博士後期課程を設けています。
(※1)昼間「経営学コース」 : 経営学の研究者及び高度専門職業人の養成を目指しています。
(※1)昼間「会計学・税法コース」 : 会計人養成を目指しています。
昼間コースでは時間割を1日当たり4から5コマ組めることから、経営の中核科目を軸に多くの関連・応用科目を開講しています。特に、会計学・税法コースは会計学関係科目と税法関係科目の講義、演習を開講し、税理士試験の科目免除にも対応しています。
(※2)夜間「社会人コース」 : 経営学、マーケティング、国際経営、情報処理といった科目群を編成し、理論的・実務的ニーズに応えられるよう配慮しています。

※1 博士前期課程(修士課程)と博士後期課程を設置 ※2 博士前期(修士)課程のみを設置

在学生の声

経営学研究科 加藤 好雄 さん

私の愛知大学大学院経営学研究科(博士前期課程)への進学の理由は、起業を意識していたためです。また学部卒業(法学部夜間部)から数年経ち仕事をしていたために社会人コースでの進学でした。
博士前期課程では、経営学を中心に幅広い分野の講義を履修しましたが、社会人の方が多いため経験に基づいた意見交換ができたのはとても有意義でしたが、数学が苦手な私には指導教授の講義の経済分析、多変量解析、数理モデル等を理解することが非常に大変でした。しかし、少しずつ理解できるようになり「面白さ」を感じることができるようになりました。そして博士後期課程へ進学し、昨年度からは他大学の教員としてPBL(課題達成型学習)を取り入れてゼミで道の駅の活性化に取り組んだり、正課外では地域ブランドの開発、流通、プロモーションを行う会社を学生と設立することで経営学を少しでも「面白い」と思えるように工夫してます。
大学院へ進学して最も良かったことは現在の指導教授に会えたことです。この出会いがなければ研究を「面白い」と感じることはなかったと思います。大学院へ進学することで皆さんにも良かったと思えるような出会いがあればと思います。


関連リンク