HOME > 学部・大学院 > 国際コミュニケーション学部 > 国際教養学科

※2018年4月、比較文化学科から国際教養学科に名称変更

多様な文化の比較研究を通して、人間の本質に迫る。

人々が今までの生活の中で、感じてきたこと、考えてきたこと、生活する中での工夫などが、各国の文化として今も残っています。もちろん、時代が変われば、文化も変化していきます。そういった、伝統文化から近年の文化を知ることで各国の"普通"を理解し、国際社会の中でのコミュニケーション能力を高めます。また、異文化と日本の文化を比較する中で、今まで当たり前のように過ごしてきた日本の文化や日本語についてもさらに見つめ直します。

トピックス

言葉と文化の両輪で幅広い知識を修得。

言語能力と多様な異文化理解。
2018年4月より、比較文化学科を国際教養学科に名称変更し、教育研究目的を次の通り定めます。
@異文化理解を通して国際コミュニケーション能力を修得。
A自国文化についての知見を持ちながら、国際的な場で活躍できる人材となる。
B英語をはじめとする諸外国語の学習に重点を置く。
C欧米、アジア、日本を対象に、文化や社会に関する知識の修得。
D国際フィールドワークを実施して具体的な交流を実践。
また、2年次からコース制を導入することで学びの在り方をより具体化し、関心を有する地域に沿って、アメリカ研究コース、日本・アジア研究コース、ヨーロッパ研究コースの3コース編成となります。展開科目の中には、もう一つの柱である、グローバルスタディーズ、カルチュラルスタディーズ、国際観光学(異文化理解)を設け、専門知識を系統的・集中的に修得することを可能にします。

世界を体感、国際フィールドワーク。

異文化を実体験として学び、さまざまな力を養う。
未知の文化に触れ、異文化とは何かを肌で学べることがフィールドワークの醍醐味です。「国際フィールドワークT」では、現地の基本的な情報を集めて学生一人ひとりの興味・関心のある分野について事前に調査し、出発前にグループで知識を共有します。現地では下調べした情報を基に2週間フィールドワークを行い、課題を発見しながら調査を進め、帰国後は「国際フィールドワークU」で1学期をかけて報告書をまとめます。同じ地域での活動でありながら、それぞれの視点から多様なアプローチや発見ができることがグループワークのメリット。1年間にわたる調査・考察・報告書作成を通じて、課題を発見し解決する能力や異文化理解力を養います。同時に、こうした異文化との比較の中で、これからのグローバル社会で求められる自身のアイデンティティの確立をめざします。
アトランタフィールドワーク
南北戦争に端を発する多民族共存の歴史を辿る。
「アメリカ南部文化の研究」をメインテーマにフィールドワークを行いました。現地の博物館の学芸員から音楽や衣食住などの説明を受け、南北戦争当時の生活文化に理解を深めることができました。これらの情報を基にアトランタ郊外にある3つの町でフィールドワークを行い市民の歴史認識や思想についてインタビューをしました。その結果、映画「風と共に去りぬ」が歴史の象徴として認識されていると感じたとともにさまざまな垣根を越えて互いを理解することの大切さを学びました。
韓国フィールドワーク
現地の大学生とともに韓国を肌で学ぶ15日間。
「生活文化における伝統と現代」をメインテーマに13名の学生が参加し、現地の大学生の協力を得てフィールドワークを実施しました。「日韓の大学生活の比較研究」をテーマに掲げた学生は、建国大学校を訪れキャンパス一帯が街を形成していることを発見すると共に、現地学生の54%が図書館を利用し勉強熱心であること、アルバイトよりもクラブ・サークル活動や学習に力を注いでいて大学生活を充実させたいという意欲を感じることができ、言語のみならず日韓の文化や価値観の違いを実感できました。

地域・フィールドによる3つのコース

アメリカ研究コース
アメリカ地域への理解を深め、異文化理解に基づく国際コミュニケーション能力を活かして、国際的な場で活躍できる人物をめざす人の研究分野です。
日本・アジア研究コース
日本およびアジアの言語と文化への深い理解を基底とし、さらに欧米についての知見も併せ備えた、国際的な視野を持った人物の育成をめざします。
ヨーロッパ研究コース
世界を理解する上で欠かすことのできないヨーロッパ地域への基本的な理解を深めるモデル。ヨーロッパ地域を含む広い地域との交流に貢献できる人物をめざします。

専門理論研究領野

グローバルスタディーズ
事業論理の基本を理解し、将来いかなるビジネス分野に進んでも常にグローバルな視野の中に自分を位置づけて活動できる人を育てる研究分野です。
カルチュラルスタディーズ
多様な文化を理解できる広い視野と、異文化理解に基づいた深い国際コミュニケーション能力を備えて、国際的な場で活躍できる人物の育成をめざします。
国際観光学(異文化理解)
グローバルな観光事業・産業に携わりたい人のモデル。文化間交流や国際親善、さらにはこれらを通じた地域振興も促進できる人を育てることが目標です。

関連情報

関連リンク

セミナーレポート
ゼミの様子をご紹介します。