愛知大学同窓会 閉じる
[2018.02.09]

【関東地区4支部】「合同新年会」を開催しました

 関東地区4支部(東京・埼玉・千葉・神奈川)では、1月20日(土)、恒例の「関東地区4支部合同新年会」を開催しました。

 出席者は、大学側から功刀由紀子地域政策学部教授、同窓会から土井会長、林一義愛知大学監事、校友課の加藤大策氏のご来賓を含む40名でした。

 新年会は、特別講演会と祝賀パーティーの2部構成としており、特別講演会では、本年4月に地域政策学部に新設される「食農環境コース」の立ち上げに尽力された地域政策学部教授の功刀由紀子氏を講師にお迎えし、「現代社会と食農をめぐる諸問題」と題してお話をしていただきました。東三河および遠州地域は全国でも有数の農業生産地でもあり、新設jコースは、地域のニーズや課題に即応するものであるといえましょう。将来の学部昇格を見据えた着実な発展が期待されています。

 祝賀パーティーは、主催者代表挨拶、ご来賓祝辞、乾杯、会員スピーチ、お楽しみ抽選会、神奈川支部会員による詩吟の披露、学生歌・逍遥歌斉唱、中締めの順に進められました。料理やお酒は美味しく、歓談は弾み、37階の会場から皇居を見おろす景色も最高です。あっという間の和やかで楽しいひと時でした。

 惜しむらくは若手・女性会員の参加が極めて少ないことです。継続は力なりとの言葉を信じ、次代へつなげていくべく取り組んでまいりますので、明年は是非ともご参加下さいますようお願いします。

(埼玉支部 中川善弘)