教授インタビュー(経済)

2017/05/30

カテゴリー:やまさん, 大学生活, 教授のお仕事


こんにちは。経済学部3年やまさんです。

ここ最近、雨が降る日が続いたと思いきや晴れの日が続いたり、梅雨入りしたのかそうでないのかよく分からないですね(笑)

雨の日は髪の毛がペタッとするので苦手です。逆に、膨張する方もいますよね(笑)

また、6月は体調を崩しやすい時期ですので、お気を付けてくださいね!

 

さて、今回記事は「教授インタビュー」についてです。

辻 隆司教授(経済)にお話を伺ってきました!!ちなみに、私のゼミの先生です(笑)

 

今日はよろしくお願いします。早速ですが、経済学部ではどのようなことが学べるのですか?

 ̄ ̄ ̄経済学というと株や投資といったお金もうけのイメージが強いかもしれません。もちろん、そういった知識も学べますが、わたしは効率的な資源配分をどうすればできるかといった知見を学んでほしいと思っています。というのも、資源には限りがありますよね。もし、資源が僅かになればそれが原因で争いが起きるかもしれません。そういったことが起きないようにするためにも自分のことばかり考えるのではなく、利他的な幅広い知見をみなさんには学んでほしいですね。

経済学は平和のためにもなる学問なんですね。わたしの経済学に対するイメージが変わりました。ありがとうございます。続いて、ゼミについてお伺いしてもいいですか?

 ̄ ̄ ̄はい。まず、ゼミとは研究テーマに沿って研究を進めていく少人数授業のことです。ゼミの研究テーマは先生によってちがいますが、わたしのゼミでは1,2年生で学んだ経済学を利用した理論の実践を行い、地域経済について研究をしています。わたしのゼミはできて間もないのですが、一期生には中川運河、二期生には商店街について研究してもらい、ありがたいことに功績を残してもらいました。三期生もがんばってくださいね(笑)

はい…がんばります(笑)

話は変わりますが、辻先生は授業外の時間は何をしていらっしゃるのですか?

 ̄ ̄ ̄プライベートの話ではなく、学内での話ですよね??まず、教授の仕事は①教育②研究③社会貢献の三本柱となっています。①教育はもちろん授業のことで、授業のための準備だったり②研究をしたり③社会貢献では地域団体の方と連携をとったりといったことが主な仕事ですかね。あとは、事務作業だったり、大学内の部活動の支援をしたり…それくらいですかね。あと、本館(研究棟)に移転してから眺めが良くなったので外を眺めながら、コーヒーを飲んで息抜きをしています(笑)

 すごい仕事量ですね(汗)。息抜きも大事ですね(笑)

では最後に、愛知大学の魅力を教えてください。

 ̄ ̄ ̄逆に何だと思いますか?

ええっと…。1番はやはり立地だと思います。わたしは三重県の真ん中あたりに住んでいるのですが、そこからでも1時間かければ通えますし、先を見れば就活にも便利な場所に愛知大学はあるなと思います。

 ̄ ̄ ̄そうですね。立地も愛知大学の大きな魅力ですよね。なかなかこんな好立地な大学はないですよ。みなさん、恵まれてますね(笑)あと、ほかにわたしが思うのは歴史・伝統的な経済、法、文学といった学問に加えて、専門的かつ幅広い視野でアプローチする学際的な学問を学べる国際コミュニケーション、現代中国、地域政策といった学部があることですかね。これだけ様々な学部が存在する大学は中部圏で有数ですよ。3つ目は、愛知大学の学生は真面目な子が多いことですかね。わたしのゼミでは地域経済を取り扱っているからかもしれませんが、愛大生は地元愛が強いイメージがあります。地元愛が強い子って人との出会いを大切にする気持ちも強いと思うんです。自分の世界を広げるために、様々な人と接することって本当に大切なんですよね。愛大生はそういったことができる人が多いと思います。人とのつながりを大切にして、自分の世界を広げて社会全体をより良くしていってくれる学生がたくさん愛知大学から社会へ出て行ってくれるとうれしいですね。

最後に話がそれますが、学生時代の友人は一生の宝になります。大学生活の中で一生の友人関係になれる人を見つけてくださいね。

 

今回のインタビューでたくさんの貴重なお話を聞けました。ご協力してくださった辻先生には感謝しかありません。誠にありがとうございました。

<お気に入り>

欅坂46。わたしのハマっているアイドルグループです(笑)

 

ひとこと:もう6月になるのに、五月病から抜け出せません(+_+)

 

次のテーマは「雨の日の過ごし方」です。

ぜひ、ご覧ください。

この記事はどうでしたか?
good (14)