月別アーカイブ: 2013年12月

2013年ふりかえり

2013/12/31

カテゴリー:その他, マキ


 

 

こんにちは!経営学部3年のマキです!

 

 

最近寒くなってきましたね。

私は今3年生で就職活動が始まり、早速各地を飛び回っています!

講義に就活に私生活に、てんやわんやの毎日を送っています(`・ω・´)

 

 

さて、いよいよ2013年も終わりですね(´゚ω゚`)

 

今年も私たち愛Pはたくさんの活動を通じて皆さんと関わってきました。

アイブロオープンキャンパスといった継続している活動はもちろん、今年は大学見学会でもたくさんの方にお会いできて嬉しかったです。

 

特にアイブロ今年で3年目!私が入学した年から始まりました。

始まってすぐの頃は「そもそもアイブロって?」という方ばかりでした。

ですが、今年はオープンキャンパスでも「アイブロ知っています」「アイブロ見てます」と言ってくださる方もいて嬉しかったです(^ω^)

 

これからも皆さんの元へ愛知大学のことを、学生ならではの目線で伝えていけるよう頑張ります!

 

アイブロだけではなく、オープンキャンパス大学見学会も、これまで以上に頑張っていきたいと思います(´・∀・`)!

 

 

それでは皆様、よいお年を~!

 

 

 

プロフィール

マキ 経営学部 会計ファイナンス学科 3年

ひとこと:東京の友人に三重県を案内しました。せっかく伊勢へ行ったのに、伊勢うどんではなく味噌煮込みうどんを食べていました。

この記事はどうでしたか?
good (4)

法学部生による模擬裁判

2013/12/27

カテゴリー:ヒロウ, 授業


 

こんにちは

法学部4年のヒロウです

もう、私の登場は年内最後です(>_<)

早速本題に行きます!!!

 

今日は12月14日(土)に

愛知大学名古屋キャンパスで初めて行われた

(昨年まで車道キャンパスで開催されていたため)

法学部による裁判員裁判(模擬裁判)について

実行委員のメンバー1人の感想をもとにしたブログです(^_^.)


12月14日(土)名古屋キャンパス11階にて、本学法学部による裁判員裁判が行われました。この企画は、学生が主体となって企画、実施しているもので、2005年度から開催しています。

今回で9回目となる模擬裁判では

 

「感じよう、人を裁くという重みを」

 

をコンセプトとし、来場者の方に裁判についてより興味をもっていただけるように用語説明を加えながら、理解しやすい構成にしました。

「強盗殺人罪」共謀共同正犯(*①)幇助(ほうじょ)犯(*②)にとどまるかを争点に、事前に裁判員をお願いした一般の方々に証人尋問や評議に参加いただき、判決を下していただきました。

証人尋問や評議の場では、裁判員の方々から、鋭い質問がされ、

評議の結果、判決は「幇助犯」にとどまるとされました。また会場の意見も同意見でした。

会場が変更されたのにも関わらず、今回もたくさんの方にご来場いただきました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

模擬裁判実行委員は38人という大人数でひとつのものを作り上げるため、決して簡単なことではありませんでした。しかし、一人ひとりが自分のやるべきことを考えて行動することで、今回のように素晴らしいものが出来たのではないかと思っています。

最後に、これから受験を控えている高校生の皆さんへ。
今が一番苦しい時期だとは思います。しかしこの時期を乗り越えることで、強くなれますし、今よりも一段と成長できると思います。
来年の4月、自分が笑顔で志望大学に入学していることを想像して、諦めずに頑張ってください。
応援しています。

 

①…共同実行の意思の形成過程にのみ参加し、共同実行には参加しなかった形態を言います。(本当に簡単に説明をすると、犯行の作戦会議等に参加をしたけれど、実行する時には参加しなかった場合などです)

 

②…実行行為以外の行為で正犯の実行行為を容易にする行為一般を指すことを言います。(例…凶器を渡すとか、激励の言葉を言うとかですね)

 

①だと犯罪を行った人と同じ罰を受けます。

一方②は漢字に「助」があるように、犯罪を行った人を助けたという罰を受ける扱いになります。

?

なので、罪の重も変わってきますよね。

今回の裁判は裁かれる人の今後の人生を大きく変える

といっても過言ではない、裁判だったのではないでしょうか

?法律を勉強すると、人が人を裁くことは本当に難しいことだな、と思う事があります。

また、法学部の勉強は、決して法律を暗記する学部ではありません。

法律を知り、実際その法律がどのように活用されているのかを学ぶ学部だと思います。

 

勉強すればするほど、疑問が生まれてきます。

それを1つずつ解消していくことが大学で勉強した証になると思います。

 

愛知大学にはこの疑問を解消することができる仲間や先生方がたくさんいます。

感想の中にあるように、この模擬裁判も学生が主体となって、先生方の協力のもと、シナリオや当日の進行などをすべて作り上げています。さらに、この模擬裁判は授業の一環で行われているんですよ。

 

愛知大学に入学してくれることを心待ちにしています。

 

模擬裁判当日の様子

模擬裁判'13②模擬裁判'13①

模擬裁判'13③模擬裁判'13④

 

プロフィール

ヒロウ 法学部 4年

ひとこと:ダイエット始めました

この記事はどうでしたか?
good (7)

センター試験 追い込み

2013/12/24

カテゴリー:いっちー, その他


こんにちは! メリークリスマス!!

国際コミュニケーション学部1年ののいっちーです。
今日はセンター試験についてです。

試験まであと一ヵ月を切りました。

1月18日(土) 1月19日(日) センター試験
受験生のみなさんは、不安な思いでいっぱいだと思います。 僕もそうでした。

1日何時間も勉強して、たくさんの模試を受けてきたと思います。

いよいよその成果を発揮する時が近づいてきました。

今の時期、僕がおすすめするのは下調べです。

何時の電車に乗るか、何分かかるのか、どこで乗り換えるのか、会場はどのようなところかなどを予め調べておきましょう。

日頃の勉強のリフレッシュも兼ねて友達などと一緒にセンター試験会場に足を運んでみるのもいいかもしれません。

「緊張しないでがんばって」と言われることもあるかと思いますが、僕はそんなことは無理だと思います。

誰だって緊張します。

しかし緊張を減らすことは可能だと思います。

上に書いたように下調べをしたり、今まで書き込んだテキストやノートを机に並べて自信をつけるなど方法はたくさんあります。

センター試験での成功をお祈りいたします。
そしてよいお年を。

「Things??are ?going to get better, I can tell!」 

(きっと良い方向にすすんでいくさ)

 

いっちー

国際コミュニケーション学部 英語学科 1年

ひとこと:最近ドライブが趣味になりました。

 

この記事はどうでしたか?
good (8)
1 / 3123