月別アーカイブ: 2013年6月

研究室訪問*現代中国学部松岡正子教授

2013/06/28

カテゴリー:ちゅん, 大学生活, 大学紹介


こんにちは。現代中国学部2年生のちゅんです。

梅雨空が続きますが、もうすぐ7月七夕です。
夜空には夏の大三角形(彦星と織姫星と白鳥座のデネブ)も見えますよ。
夜遅くまでバイトをした後、そんな夏の大三角形を眺めるのが癒しです。

 

さて今回は、大学の魅力についてもっと知ってもらいたいと思い
大学教授にインタビューをしてきましたicon_28.gif

インタビューさせていただいたのは、現代中国学部の松岡正子教授です。

 

 

 

 

 

 

 

 

松岡教授は、中国民俗学を専門に研究されており、
愛知大学では「民族と文化」「中国民俗学」などの授業を担当されています。

 

それでは、インタビューの様子をお届けします♪
(以下:ちゅん→ 松岡教授→

 

:教授が「民俗学」に興味を持つようになったきっかけはありますか。

大学で出会った先生がきっかけです。

その先生はいつも「人がやっていないことをやりなさい」とおっしゃっていました。

そのため、大学の頃は、一生懸命「人がやっていないこと」を探していました

そこで、見つけたのが「民俗学」という分野です。

当時、中国の中には日本から研究に行くのが大変な地域がたくさんあって、

まだ、研究が十分になされていない民族がいくつかあったんです。

 

:すてきな先生との「出会い」があったんですね★
:「民俗学」を研究するには、やはり現地で実際にその民族を調査することが大切です。
しかし、中には今でも、日本人だけで調査するのが大変な地域に住んでいる民族もいます。
そんな時に、調査や現地での生活を手助けしてくれる現地の人との出会いもありましたし、
研究する中で、本当に尊敬できる先生との出会いもありましたね。

 

ち:大学では、たくさんの友人との出会いもありますね。

松:現代中国学部は特に、仲間とグループになって学ぶ機会が多いですね。
現地プログラムや、現地研究調査などもそうです。

何度か生徒を引率したことがあるのですが、その時感じたのは、

1人では限界だと思っても、グループでなら乗り越えられることがたくさんあるなということです。
また、大学では、意見を交換し、ぶつけ合ったり… 討論ができるような仲間を作るといいですよ。

仲間と一緒に活動をすることで、自分をさらに成長させることができると思います。

:私も、先生の様にたくさんの出会いをしていきたいです!

 

:では、このブログの読者である高校生へメッセージをお願いします。
大学は「知る」ことの楽しさを知ることができる場所です。

高校では「知る」というより、とにかく「覚える」ことばかりで、

 「知る」ことの楽しさに、なかなか気づけないと思います。

しかし、大学では「これを覚えなさい」と言われることはあまりありません。
不思議だな、と疑問に思ったことの答えを、自分で探しに行くのが大学です。

高校の様に、教科書を見れば必ず答えが載っているわけではないので、

はじめのうちは、分からないことだらけで、まるでブラックホールに放り出された気分ですが、

それを調べるうちにたくさん経験する「知る」は本当に楽しいものです。

この楽しさは、大学に入った人しか経験できません

そのためにも、今はもうちょっと「覚える」もがんばってくださいね。

:松岡教授ありがとうございました♪

 

 

インタビューいかがでしたでしょうか。
松岡教授は、授業もとってもおもしろいのですが、
インタビューのお話もとても魅力的で、引き込まれてしまいました♪
これからも、機会があったら教授にお話を聞きに行きたいと思いますicon_31.gif

 

 

プロフィール
ちゅん 現代中国学部2年

本棚を見るのが好きです。その人の個性が本棚から見えてきます。
松岡教授の本棚は一面民俗学の本で、
民俗学に興味のある私は、わくわくしちゃいました(*¨*)

この記事はどうでしたか?
good (9)

図書館サポーター

2013/06/25

カテゴリー:まり, 大学生活


こんにちは!

経営学部3年のまりです!(^^)!

 

だんだんと暑くなってきましたね(;_:)

私は最近、半袖に移行し始めました!!

くれぐれも熱中症には気を付けましょうね☆

 

さて、今回は名古屋キャンパスの図書館サポーターについて紹介いたします!

今年の4月から始まったということなので、取材に行ってきました!

 

(まり→ま、図書館サポーターの学生→図)

ま:図書館サポーターはどのようにできたのですか?

図:図書館が開館してから一年経ち、図書館利用推進を図るためサポートしたいという、

学生による学生の為の図書館サポーター“トッポ”というサークルが作られました。

それぞれ図書館を良くしていきたいという願いを持っている7人でしたが、

お互い顔も知らず、話したこともないという手探りの状態でスタートしました。

メンバーがいろんな提案をお互いに出し合って、どうすれば学生が気持ちよく図書館を利用できるかを考え、企画、提案をして、活動も次第に盛り上がっていき、今ではとても楽しいサークルになりました。

ま:現在は何人で活動されていますか?

図:2年生3人3年生4人で活動しています。

ま:活動内容やどのくらいの頻度で行っているのか教えてください。

図:活動については毎週水曜日金曜日の参加できる日にみんなで集まって活動しています。

最近の内容については6月15日に行われた後援会総会に向けて部活・サークル紹介や先生の紹介などを作成し、図書館に展示していました。

企画を提案する時にいろんな意見を出し合う時はとてもやりがいがあると感じるし、その企画に向けてメンバーで展示を創作したりする時は一生懸命です。

そして、その企画展示の作品などを見てもらえた時は、次の企画も頑張ろうと勇気づけられるし、一番嬉しい時です。

また、こういった活動を私たち学生だけでなく図書館のスタッフの方々も支えてくれているので、安心して活動ができます。

 

 

 

 

 

 

ま:私たちのサークルである「愛P」でも自分たちで企画を考え、作成していくということをしているので、一緒ですね!

図書館サポーターとしての目標はありますか?

図:図書館の来館者数を増やすことです。

月間で3万3千人を目指しています。

また、一人年間10冊本を読んでもらうことも目標としています。

ま:最後にアイブロを読んでくださっている方にメッセージをお願いします!

図:たくさんの本を読み、考え方を学んでください

今後の生活で役に立つと思います。

ま:ありがとうございました!

 

とても気さくな方で、楽しく取材させていただきました!

図書館サポーターの皆さん、ありがとうございました\(^o^)/

 

ではまた次回お会いしましょう(^^)/

 

 

まり

経営学部会計ファイナンス学科3年

ひとこと:資格講座の勉強を頑張っています

 

この記事はどうでしたか?
good (5)

豊橋キャンパス通信

2013/06/21

カテゴリー:しみちゃん, 大学紹介


初めまして(^O^)/

愛P新入生の文学部人文社会学科1年、しみちゃんです!

大学に入学して3ヶ月余りがたちました。だんだんと学期末考査が近づいてきているので不安ですicon_09.gif

 

さて今日は豊橋キャンパスについて、紹介したいと思います。

まず、豊橋キャンパスを一言で表すと・・・自然豊か!です!(^^)!

その写真がこちら↓

どうですか?少し小さくて見づらいと思いますが「えっ!?ここが大学?」と思った方もいるかもしれません。そう!ここが豊橋キャンパスなんです!沢山のに囲まれていますね。僕は毎日ここで勉強しています。この写真はサークル棟という建物の屋上で撮ったのですが、僕も正直このすごさに驚きました。

次にこちらicon_29.gif

両サイドの木に囲まれ、まるでドラマ映画に出てきそうなこの道は、多くの学生が使用しており、僕もよく通っているところなんですが、秋になると銀杏が沢山落ちていて踏み場がないぐらいです。実は昨年秋に入試を受けこの道を通ったのですが、その銀杏の多さにびっくりしました。それほど自然がいっぱいあります。

また豊橋キャンパスには馬場があり馬もいます。馬術部が日々馬に乗って練習しています。馬小屋の写真もパチリ!しましたicon_30.gif

また豊橋キャンパスと言えば、忘れてはならないのが・・・

大学記念館です!この写真の建物が記念館です。以前はここが豊橋キャンパスの本館で、学生が成績表を受け取ったり、学長が仕事をしておられましたが、耐震性や、名古屋キャンパスの開校などにより、今はこのように記念館として地域の人々や学生・教員が訪れたりしています。大学記念館は旧陸軍司令部の建物のため、その珍しさからドラマのロケ地として使用されたこともあるんですよ!

 

と色々紹介してきましたが、実際に自分の目で見てみたい愛知大学についてもっと知りたいという方!

7月14日(日)豊橋にてオープンキャンパスが行われます。

(※名古屋キャンパスは8月2日(金)、3日(土)に行われます。)

時間がある方はぜひお越しください(^O^)/

皆さんのご参加をお待ちしております!!

 

 

プロフィール

しみちゃん 文学部1年

豊田市出身です。今年もおいでん祭りの季節が近づいて来ました。楽しみです!

この記事はどうでしたか?
good (3)
1 / 3123