カテゴリー: ぽっぽ

大学からの連絡ってどうやって受け取っているの?

2017/03/21

カテゴリー:ぽっぽ, 大学生活


こんにちは!

経営学部3年のぽっぽです(^^)/

3月から就職活動が本格化し、ほぼ毎日スーツを着て、企業説明会に赴いています。
4月になったら、学生生活最後の1年が始まります。

今回は学生はどうやって大学からの連絡を受けているかということについて書いてみます。

高校までは、それぞれがクラスに入っていて、
担任の先生からプリントをもらったり、直接連絡を受けていた方が多いと思います。

しかし、大学にはクラスや担任の先生といった概念がありません・・・

では、どうやって大学から連絡を受けるのでしょう??

キャンパスのどこかに大きな掲示板があって、紙がびっしり貼ってある。
といった光景をイメージした方もいるかもしれません。

確かにそういった掲示板はありますが、メインの伝達手段としては使用されていません

現在では多くの連絡はインターネットを用いて伝えられます。
愛知大学では「LiveCampus(ライブキャンパス)」というシステムを使っています。

このシステムで学生は
・大学からの連絡を受ける
時間割表を確認できる
・講義の休講、教室変更などの確認ができる
履修登録ができる
シラバス(授業の摘要)の確認ができる
   ・
   ・ などなど
   ・
いろいろなことでお世話になるシステムです。

パソコンとスマートフォンのどちらからもアクセスができて、
トップページはこのような感じです。
(どちらも画像をクリックすると拡大ができます)ライブキャンパススマホトップ

 ライブキャンパストップ

 

 
パソコン用のトップページでは、未読の連絡がすぐ確認できるようになっており、
スマートフォン用では、未読の連絡があることを知らせてくれます。

連絡事項の中には、
学生全体に送るもの(期末試験の日程など)
特定の学年に送るもの(就職活動に関するセミナーなど)
特定の学部に送るもの(専門演習の登録についてなど)
特定の授業の履修者に送るもの(授業の休講など)
というように、それぞれに必要な連絡が送られてきます。

もちろん時間割表も各個人のものが表示されます。
パソコンからは、PDFファイルとして印刷もできます。
(画像をクリックすると拡大ができます)

時間割り

また、授業によっては先生が資料などを提供してくれるものもあります。
そのようなときは。「Moodle(ムードル)」というシステムを使います。

ムードルトップ

このように、授業で必要となる資料をダウンロードすることもできます。

 

今回は、大学からの連絡を受け取る方法をまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回(3月24日(金))は、4年生からのメッセージをお送りします。

 

経営学部 経営学科 3年 ぽっぽ

ひとこと:卒業論文も書きたいのですが、
     就職活動に追われてなかなか書けません(;´・ω・)

この記事はどうでしたか?
good (8)

就職活動で使う“履歴書”ってどんなもの?

2017/02/17

カテゴリー:ぽっぽ, 就職活動


こんにちは!
経営学部3年のぽっぽです(^^)

2月もあっという間に折り返し、後半戦に入りましたね。
近頃は、就職活動に向けて、スーツを着る機会が多くなりました。

今回はそんな就職活動に関わってくる「履歴書」について書いてみます。

履歴書とは、自身の名前はもちろん、生年月日・住所・学歴などのパーソナルな情報
自己PR・志望動機といった自身の紹介を記した書類です。

アルバイトをしている方は、応募の際に提出したかもしれません。

しかし、就職活動で用いる履歴書は、
アルバイトの応募で用いるものとは、大きく異なります。

以下のものが、実際の履歴書の記入例です。(画像をクリックで拡大できます)
企業より用紙の指定がない限り、
愛大生は生協で販売されている、愛知大学専用の履歴書を用います。

履歴書例










 

 
実際には、黒のボールペンで記入します。
丁寧な文字を書くことも心がけます。
字を間違えたら、修正テープは使えないので、書き直しです。
丁寧かつ正確に書かなければならないので、結構な集中力が必要です。

下半分にあたる、自己紹介の部分の記入には、
何を伝えたらいいのか、じっくりと考える必要があります。
履歴書の中では、この部分がとても大事で、考えるのに意外と苦労しました。
いきなり書くのは大変ですが、キャリア支援課のセミナーで書き方のポイントを教えてもらえるので、順々に書いていくことができました。

書いてみたら、キャリア支援課で、添削を行ってもらっています。

何度か添削をしてもらい、よりよい内容に仕上げていきます。
自分ではうまく書けたつもりでも、
他の人が読んだ時に伝わらないことがあるので苦労します。

履歴書は、事前に準備ができるものの1つなので、
就職活動が本格化する前から、コツコツと準備していくことが大切です。

今回は履歴書にフォーカスを当てて紹介しました。
これから就職活動が本格化していくので、頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回(2月21日(火))は、経営学部のコース選択についてお送りします。

□ 今日のお昼ご飯 □

お昼ごはん2017.02.17







春休みに入っているので、出掛けた先のカフェで頂いた、パスタです(・ω・)ノ

 

経営学部 経営学科 3年 ぽっぽ

ひとこと:今期の冬はあまり雪が積もらなくて、ちょっと残念でした(´・ω・`)

この記事はどうでしたか?
good (7)

研究室の引っ越しをお手伝い!

2016/12/27

カテゴリー:ぽっぽ, 大学生活


こんにちは!

経営学部3年のぽっぽです(^^)/

今年も残りわずかとなりましたね。やり残したことなどはないですか?
愛知大学は冬休みの期間に入っています。
短い冬休みですが、就職活動のために準備をしていきたいです。

 

今回は、12月中旬に先生の研究室へ行って
引っ越しのお手伝いをしてきたのでその様子をお届けします(^^ゞ

なぜ引っ越しをするかというと、
この度名古屋キャンパスに完成する「本館(研究棟)」に研究室が移動するからです。

今回は、僕がゼミでお世話になっている本多毅先生の研究室へお手伝いに行きました。

 

そもそも、研究室とはどんなところでしょう?
大学の先生(教授など)が大学内でいる部屋のことです。
個人ごとに部屋が割り当てられています。

先生たちは、ここで授業の準備をしたりします。
また、授業でわからなかったことを学生が聞きに行くこともできます。

引っ越しのお手伝いに行った時も、
ゼミの4年生の先輩方が卒業論文の内容について、
先生にアドバイスをもらいに来ていました。

 

ではでは、本題の研究室のお引越しについてです。
本多先生の研究室には、棚に多くの書籍や授業のプリントがありました。
これを少しずつ段ボールへ入れる作業をしました。
写真に写っているのが本多先生です。タオルもまいて気合バッチリです!!

研究室引っ越し1













引っ越しの作業をしながらも、たくさんの本の中には、
「これが授業の時に説明した本だよ」「これは外国書購読としても題材にできる本だよ」
などなど話をしてもらい、本の中をパラパラ見つつ、段ボールへしまっていきます。

そんな中、とりわけ薄い本があると思ったら、先生の修士論文がありました(゜o゜)
中をパラパラと拝見させて頂きましたが、とても難しそうなことが書いてありました。

授業に使う本は段ボールへ入れず、机に置いていったら本が積み上がってしまいました。
短い間でも、使えない本があると大変だそうです。

本だけでも、段ボール12箱分になりました。
だいぶ棚もスッキリしました。

研究室引っ越し3 研究室引っ越し2

これまでの研究室は12月24日で出ることになっていて。
新しい研究室を本格的に利用できるのは来年1月10日になってからだそうです。

学生の本館(研究棟)への立ち入りは来年4月の供用開始までできませんが、
 来年1月10日~1月26日は、先生にアポイントをとって新研究室へのみ立ち入れます。

これまで研究室があったところには、新たに教室などができるようです。
本館(研究棟)の完成で様々な新しい施設ができるようなので、僕も楽しみにしています!

 

□━━━━━━━□
 今日のお昼ご飯
□━━━━━━━□

 昼ごはん12.27

授業のある最終週の先週、久々に学食へ行ってきました(^o^)丿
不足しがちな野菜もサラダでまかないつつ、
メンチカツもセールでお買い得になっていたのでつい手に取ってしまいました!

 

経営学部 経営学科 3年 ぽっぽ

ひとこと:皆さんは年賀状書きましたか?
     一度でいいので、切手シート以外の景品が当たってみたいです(・_・)

この記事はどうでしたか?
good (3)
1 / 512345