カテゴリー: そーま

卒業論文とは

2016/10/28

カテゴリー:そーま, 大学生活


こんにちは!文学部4年のそーまです!!

久々の担当になりますが、頑張って書いていきますので、ぜひ読んでいただきたいです!

 

今回は前回に引き続き、卒業論文についての記事をお届けします。

その中でも、今回は私が所属している文学部社会学コースの卒業論文について、自分の現在の実体験を踏まえながら紹介していきます。

 

まず卒業論文(以下卒論)とは、前回の記事にも説明があったと思いますが、4年間の学習の集大成とも言える論文のことです。

文学部の中でもコースによって卒論の様式は異なってきますが、社会学コースの卒論は他のコースに比べ、自由度が高いのが特徴です!

どういったテーマで書きたいか、どのように研究や調査を進めていくのかなどをほぼ全て自分で決め、自分の興味のあることを比較的自由に書くことができます。

そのため楽しく論文を書いていけます!

私の先輩などのテーマの具体例を挙げますと、ゆるキャラや映画、サッカーについて書いてる方などがいました。

 

しかし、大学生活の集大成の論文だけあって大変な事もあります。まず、多くの本を読まなくてはいけないことです。自分の研究テーマに合った本を読み、それを参考にしながら書いていくのが基本です。日頃あまり本を読む習慣がない人には少し苦労する作業だと思います。

もうひとつですが、とにかくたくさんの文章を書かなければいけないことです。この場で詳細について説明しませんが、皆さんの想像しているより多いと思います(笑)

私自身も現在、この文章を書く作業に苦戦しています。ただ、毎日やるべき事を決めてコツコツと進めていけば、無理なく書き終えることのできる量です。

 

大学入学前の方々は、論文についてほとんど何も知らないと思います。私自身大学生になるまで論文の書き方など全く知りませんでした。しかし、大学生活を送っていく中で日々学習していけるので何も心配ありません!大学の先生方もサポートして下さるので、行き詰った時なども安心です!

 

非常に簡単にでしたが、以上で文学部社会学コースの卒論について説明を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^_^)

 

 

<今日のお昼ご飯>

 ラーメン

 

 

 

 

 

 

この日は大学近くのラーメン屋へ。その名も地獄ラーメン!辛くてこってり。でも絶品です!

 

文学部 4年 そーま

残り少ない大学生活を楽しみつつ有意義なものにしたいと思ってます!

この記事はどうでしたか?
good (9)

豊橋校舎施設紹介(Language Café)

2015/12/08

カテゴリー:そーま, 大学生活


こんにちは!文学部3年のそーまです。

近頃は冷え込むようになり、冬が来たことを実感しています。(笑)

今回も1人でも多くの方に読んでいただけると嬉しいです!

 

さて、今回ですが、愛知大学語学研究室の施設の一つであるLanguage Caféという施設について紹介していこうと思います!

どういった施設か大まかに説明すると、ネイティブスピーカーの先生方や語学の先生方、語学を学んでいる在学生の方々との交流を通して、語学力を養う施設です。施設の様子ですが、このようになっています。

IMG_0664

IMG_0665

 

1つ目の写真が入口にあるカウンター、2つ目の写真が利用者が自由に使えるスペースです。

 

このLanguage Caféですが、

・ネイティブスピーカーの先生と様々なアクティビティを通し、言葉や文化、世界観を深める

・活きたコミュニケーション力の養成

上記の二つをコンセプトにしているそうです。

 

 

基本的に昼休みの時間(12:40~13:15)と講義後の時間(16:40~適宜)に開催されていて、曜日と時間で開催している語学の種類が異なります。このようになっています!

 

開催日

開催時間

12:40~13:15

16:40~適宜

月曜日

English

English

火曜日

English/中 文

Français

水曜日

English

English

金曜日

Français

English

 

 私自身何度かEnglishの時間帯に利用したことがあるので、実際利用してみた感想を書いていこうと思います(^_^)

 

 昼休みの時間に利用することが多かったのですが、いつもたくさんの人が来ていました。昼食を食べながら、来ていた人たちと英語で会話をしていました。

英会話が苦手だったので、最初のうちは全然話すことができませんでしたがネイティブの先生方や周りの友達と会話していくなかで、少しずつですが英語が上達していった思います。

英語なんて話せない、何を話していいか分からない、なんて人も是非一度行ってみることをおすすめします!

 

それと、Language Caféに来ているうちに仲のいい友人ができました!英会話の練習といっても、英語を使って雑談するというものに近いので、自然と周りの人と仲良くなれます。交友関係を広げたいという人にも適した場所だと思います!

 

 

私は、その仲良くなった友人たちとトランプやチェスなどのゲームをしたり、英語のビデオ(海外のドラマや映画)を観たりするのが楽しみでした!

IMG_0663

IMG_0668

 

 英語をはじめ、中国語やフランス語、ドイツ語など幅広い言語の教材が豊富に用意されています。

これらの教材はカウンターに持っていけば、借りることも可能です。これらの教材は、語学を学ぶ上でとても助けとなってくれます!

 

全体の感想として、本当に楽しく語学を学べました。机に向かって黙々と勉強ばかりしていても飽きてくると思うので、このような場所で他の人と触れ合いながら楽しく語学を学ぶことは気分転換にもなりますし、今後の勉強のやる気も出てくるだろうと思います。

 

 

簡単ではありますが、Language Caféについて紹介させていただきました。この記事を読んで、Language Caféに行ってみたいと思う方がいれば、すごく嬉しいです!!

 

 

文学部人文社会学科3年

そーま

ひとこと:最近こたつを出しました。こたつ無くして冬は越せず、ですね(笑)

この記事はどうでしたか?
good (14)

施設紹介(そよ風広場)

2015/10/09

カテゴリー:そーま, 大学生活, 大学紹介


みなさんこんにちは!そーまです!

今回も頑張って書くので、一人でも多くの方に読んでいただけるとうれしいです(^^)

 

さて、今回は今年の5月にできたばかりの新しい施設である「そよ風広場」について紹介していきたいと思います!

 

2013年度に豊橋キャンパス旧研究館を解体し、空地となっていた場所に芝生を植栽し、この「そよ風広場」を新設したそうです。

愛知大学の学生で、片倉地域政策学部ゼミ生地域政策学部地域貢献事業グループ「森の子」の方々がこの「そよ風広場」新設に協力をしました。

この「そよ風広場」ですが、非常に広く、テニスコート約9面分(約2328㎡)の面積があります。言葉で説明しても分かりづらいですね(笑)

このようになっています!

 そよ風広場     そよ風広場

 

昼休みにここで食事をしたり、空いた時間に休憩に来る学生もいますし、地域の方々が散策で訪れることもあります!

緑が多く、自然豊かなので、とてもリフレッシュできます(^_^)

 

 

今はベンチはありますが、中央は何も設置されていない空間になっています。今年の夏ごろは文学部現代文化コース現2年生が協力して作成したハンモック

 が設置されていた時期がありました!

そよ風広場        image1 (1)

小さい方のハンモックは、誰でも利用することができ、ブームになっていました!

僕も実際に利用しましたが、乗り心地もよく、すごく快適でした!夏だったので、すごく暑かったですが(笑)

 

 

以上、簡単ではありますが、「そよ風広場」について紹介しました。

現在、「そよ風広場」を利用する人は多いとは言えませんが、とてもいい場所なので、今後愛知大学の人気スポットになればいいなと思います!!

 

 

文学部3年 そーま

ひとこと:来月の愛大祭がすごく楽しみです!!

 

この記事はどうでしたか?
good (13)
1 / 212