カテゴリー: ゆーみん

幸せとは何か

2011/11/22

カテゴリー:その他, ゆーみん


お久しぶりです、ゆーみんです

あっという間に初冬を迎えて

ずいぶんと寒くなりましたね。

こんな季節になると、

温かい湯船につかる瞬間が

最高に幸せですね♪♪

というわけで!

皆さんは『しあわせ』を感じていますか?

私はこの夏、フィリピンにある小さな島を訪問して、

「幸せとは何か」をじっくりと考えてみました。

今回のテーマは、

『住環境と幸福感について』

まず、最初に「幸せの定義」とは、

欲しいものを手に入れる、快適な生活を送る、

このような欲望が満たされた状態のことをいいます。

しかし、その幸せは手にしたそばから価値を見失い、

欲望は無限に広がってしまうもの。ともいわれています。

なんとも複雑なお話ですが、以上を踏まえて、

下記を読み進めてみてくださいね!!

今回、訪問した島の直径は5km、人口はおよそ350人。

電気は基本的に不通、生活用水は雨水をろ過・浄水して使用。

フィリピン本島への交通手段はエンジン付自家用ボートのみ。

もちろん、学校や銀行、病院などの公共機関はありません。

けれども、島民たちは出会った全ての人を家族のように慕い、

貴重な食材一つひとつに感謝を忘れず、大自然に身を任せて

時間やお金に縛られない『豊かな心』を持っていました。

お世話になったファミリーのお母さんは「島の生活は不便だけど、

ここで家族と暮らしている私は恵まれている」と話していました。

いかがでしょうか、私自身、この度の訪問・報告を通して

幸せとは、豊かな心』が生み出すものだと感じました。

現在の日本では、24時間コンビニを利用でき、分単位で地下鉄が走り、

パソコンや携帯電話で瞬時に連絡をとれる環境が当たり前となっています。

今の私たち日本人は、便利な生活に慣れてしまい、

幸せに対して少し鈍感になっているのかもしれませんね。

皆さんも、幸せについて本気出して考えてみてください^^

この記事はどうでしたか?
good (1)

大学案内に込められた想い

2011/08/16

カテゴリー:ゆーみん, 大学紹介


はじめまして!現代中国学部4年生のゆーみんです

皆さん、有意義な夏休みをお過ごしですか?

私はこの夏、愛Pに仲間入りしまして
新鮮で充実した毎日を過ごしています^^

ところで、皆さんはこの冊子をご存じでしょうか

?

その通り!『愛知大学 大学案内2012』ですね!!

新キャンパス情報、学部紹介、就職の声、愛知大学の旬な情報が満載

そして、この一冊!汗と涙と努力と愛情ぎゅぎゅっと詰まってます!

愛知大学の魅力を伝えるため、私たちの充実した学生生活のため、
愛知大学事務局の職員さんはいつも私たちを支えてくれています!

そこで、日頃の感謝の気持ちを込めて皆さんにご紹介したいと思い、
このたびは、愛知大学入試課の纐纈さん取材訪問しました

?

纐纈さんは、今年度の大学案内作成を担当されています。

どんなお仕事をしているのか、大学案内に託された想いとは、
はやく知りたいですよね!待ちきれないですよね!

さあ、早速参りましょう!インタビューのスタートです!!

それでは纐纈さん、よろしくお願いします!
はじめに、入試課での業務内容を教えてください。

入試課では、主に高校生に向けて愛知大学の広報活動を行います。オープンキャンパスや高校訪問、冊子出版などPRの手段は様々です。

そして、この一年で特に力を注いだのが、大学案内の制作です。

愛知大学生や大学教授、出版社の皆様など周囲の協力をお借りして、企画から取材、製本まで全ての工程に一貫して携わってきました。

?

それでは、今年度の大学案内のテーマを一言でお願いします!

「やっぱり、新しい愛知大学の誕生ですね!」
ご存じの通り、名古屋の中心地に新キャンパスが開校します。

国際化の愛大!情報発信の愛大!として期待を込めて今年度の大学案内では新キャンパスを大きく取り上げています!

それらを踏まえて、大学案内のなかで一番の見どころは?

表紙を開いて1ページ目!『愛知大学の歴史と伝統』です。

卒業生13万人を誇る愛知大学のこれまでの歩みが
ぱっとひと目でわかる見開き4ページとなっています。

?

あれれ、テーマは『新しい愛知大学の誕生』なのでは?

重要なところですね!新しい一歩を踏み出す今だからこそ、
愛知大学のこれまでの歩みを振り返ってほしいと願っています!

この歴史年表作成のために、

愛知大学に長く在籍されている教授に話をお伺いしたり、
愛知大学の前身である『東亜同文書院』ピックアップしました!

少し難しい内容ですが、ぜひ目を通してほしいと思います!!

恐れ入りました!何時も初心を忘れてはいけませんね。
では、これまで歴史と纐纈さんの経験から愛大生の魅力とは?

?
?
「まじめで誠実、そして、何事にもチャレンジする姿勢」ですね。

通常授業外でも資格取得講座(キャリア開発講座)への参加に熱心な姿勢や、就職活動への意識の切り替えが素早い点でそのように感じます。

それに加え、部活やサークル活動に励む姿は生き生きしてますね!

私としては、新名古屋キャンパスに移転してからも皆さんと共に
現在の愛知大学の色を守り続けていきたいと考えています!

そうですね!私自身も纐纈さんの期待に添えるような
愛知大学生として残りの学生生活を過ごしていきたいです。

?

皆さん、いかがでしたか?今年度の大学案内には、
このようなメッセージが吹き込まれていたのですね!

私自身も高校生時代、愛知大学の大学案内に目を通して
国際色豊かな学風??学生さんの温かい笑顔
心に惹きつけられたことが入学へのはじめの一歩でした^^

纐纈さんの想いを知った上で今一度、読み返してみてください!!
ひょっとすると新しい発見があるかもしれませんね^^

最後に、

今回の取材のなかで、纐纈さんの仕事へのまっすぐな意識が感じられ、
そして、愛知大学への想いを語るその眼はキラキラと輝いていました。

高校生や在学生に対して真剣に向き合い、温かく見守り続けてくれる
愛知大学事務局の職員さんに改めて感謝の気持ちでいっぱいです!

纐纈さん!ご協力いただき、ありがとうございました!!

この記事はどうでしたか?
good (3)