カテゴリー: めぐ

愛Pを卒業していく4年生から

2017/03/24

カテゴリー:いっちー, くろ, しみちゃん, ずっきー, そーちゃん, たかちゃん, なかり, なるみ, めぐ, オリバー, テツヤ, 愛P


こんにちは!経営学部2年のずっきーです!

3月も終わりにさしかかりましたが、なかなか暖かくならなくてコートを脱げないです(´・ω・`)
今日は愛Pで4年間過ごした先輩方からのメッセージをご紹介したいと思います。
それでは、さっそくいってみましょう!

 経済学部 さき
 4年間ありがとうございました。とても楽しく、充実した大学生活でした。愛Pに入ってよかったと心の底から思います。
 大学生活では本当にたくさんの方々が私を支えてくれました。愛Pの活動を通して出会った職員さんや先輩、同級生、後輩には感謝の気持ちでいっぱいです。
 これからは社会人として頑張ります。愛大に入学するみなさん、楽しい学生生活を送ってくださいね ♪

 

国際コミュニケーション学部 くろ
愛Pでの4年間はとても楽しかったです。
オープンキャンパスやこのアイブロを 通して、
多くの高校生や保護者、地域の皆様に、愛知大学って良い所です!と伝えられたと感じています。
卒業でこの大学はおろか、地元愛知も離れる事になりましたが、
将来戻ってきた時にはきっと今以上に愛知大学がもっと魅力的な大学になっていると信じています!本当にありがとうございました!

 

国際コミュニケーション学部 めぐ
わたしの4年間は、たくさんの”出会い”で溢れていました。
愛Pでは、広報に関する様々な活動を経験させていただきました。
個人的には、初めて留学にも挑戦しました。
たくさんの人に出会い、新しいチャレンジをして、そのどれもが今の自分に繋がっているのだと思うと、とても充実した大学生活だったと感じます。
これから社会人になりますが、わたしと出会って、周りにいてくれる人たちに感謝して、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
みなさん、今日まで本当にありがとうございました。


国際コミュニケーション学部
いっちー
愛Pに入って高校生や保護者の方々に学生生活について説明したり、ブログを書いたりと様々な経験を積むことができ、とても嬉しく思います。私自身もとても成長することができました。 
この4年間を振り返って大学生はたくさんの経験を積むということが大事だと思います。自分のやりたいことは積極的にチャレンジしてください。成功しても失敗しても得られるものはあるはずです。これから頑張ってください。



法学部 オリバー
愛Pでの活動を通じて話すことが苦手だった自分が少し変われたのではないかなとこれまでを振り返ってみるとそう思います。
大学生活は楽しいことはもちろんですが辛いことや壁にぶつかるときも沢山ありました。
しかしそれを乗り越えた時には必ず何か得るものがあり、めげずにひたむきに一生懸命物事に取り組むことの大切さを改めて実感しました。
自身の活動を通じて少しでも愛知大学の魅力が伝わっていれば幸いです。
今まで本当にありがとうございました!


法学部 そーちゃん
4年間ありがとうございました!
愛知大学は本館(研究棟)が完成したり、ささしまライブ駅から直通の橋が繋がったりと、私たちが入学した時よりもさらに魅力のある大学になったと思います!
愛Pはこれからも愛知大学の魅力を発信していきますのでよろしくお願いします!


法学部 たかちゃん
愛Pで過ごした日々は、楽しいことばかりではなく、辛いこともたくさんありましたが、今となってはいい思い出であり、やりがいにも繫がっていました。
現役の愛Pの後輩たちも、みんなで助け合って最後まで活動を続けて欲しいと思います!


法学部 なるみ
私は4年間、愛Pや大学での生活を通して、たくさんのものを得ました。授業で学んだ知識もそうですが、中でも多くの仲間と知り合えたことが私にとっては大きな財産となりました。仲間と一緒だったから頑張れたこと、学べたこと、たくさんあったんです。大学生のみなさんには、貴重な大学生活において、人との出会いを大切にしてほしいなと思っています。4年間お世話になり、ありがとうございました。


文学部 しみちゃん 
4年間を振り返ってみると、自分自身が大きく「成長」出来た4年間だと思いました。
大学に入る前まで、人前で話す事が恥ずかしく、内気な性格で、クラス内でも大人しめな生徒でした。また、ただなんとなく日々を過ごしていました。
しかし、こんな僕を変えてくれたのは、愛Pでした。高校3年生の時に行ったオープンキャンパスで愛Pという団体を知り、これが僕にとって大きな転機となりました。
目を輝かせながら、オープンキャンパスで愛大の魅力をPRしている先輩方、手の込んだ愛大BOOKを配布し、学生目線でPRしている、さらにアイブロの更新。
これらを見た、肌で感じた瞬間、「これだ!僕がやりたいのは!」とビビッと来ました。
実際に部員として、大学のイロハを習得しPRする、気づけば「恥ずかしさ」は消え、堂々とキャンパスツアー等を行っていました。さらに、広報という面白さの虜になっており、将来の事を見据えながら、活動する事が出来ました!

また、この活動により、沢山の人との出会いがあり、今後の人生や進路など刺激を受け、考える事が出来ました。
今僕は、諦めきれない夢・目標があります。この4年間で培った宝を、今夢・目標としている次のステップに活かして、実現したいです。
今までお世話になった、職員の方々、オープンキャンパス・キャンパス見学会で出会った数多くの高校生の方々、保護者の方々、本当にありがとうございました!


文学部 そーま
大学4年間は本当にあっと言う間でした! 
楽しいことも辛い事もありましたが、愛Pのメンバーとして過ごした日々は楽しい思い出ばかりです!
今まで本当にありがとうございました!

文学部
あっきー
4年間を振り返ってみると、入学してから今まであっという間の日々でした。
「大学に入ったらできることをたくさんしたい!」と思い、入ったのが愛Pでした。4年間たくさんの人に出会い、たくさんの経験をしました。それは私にとってかけがえのないものでした。
4年間という限られた時間の中で、多くのことを学び、経験できた日々は周りの人たちがあってこそだと思います。感謝しかありません。離れてしまうという寂しさに負けずこれからも頑張っていきます!本当にありがとうございました!!!

経営学部 なかり
愛知大学で過ごした日々を振り返ると、たくさんの出会いがあり様々な経験をして、自分の世界が大きく広がった4年間でした。
中でも愛Pでは、大学の魅力を高校生や保護者の方々に発信するという活動で、大変なこともありましたがどの経験も自分を成長させることができた大切な思い出です。
最後になりましたが、多くの友人、先輩後輩、先生、職員さんに恵まれ充実した生活を送ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

経営学部 てつや
4年間の大学生活の中で強く印象に残っているのが3年生から始まったゼミの活動です。
私は3年生と4年生の2年間、マーケティングのゼミに所属していました。
3年生の4月からの約8ヶ月間は同じチームで同じテーマについて研究を行っていました。研究の成果としてPubフェス(毎年12月に愛知大学で行われているプレゼンテーション大会)やその他のマーケティングの大会で多くの人前で発表したことは自分にとってとても大きな経験です。
活動中は本当に苦しいこともたくさんありましたが、大変だったことや苦しかった経験ほど振り返ってみるとやって良かったなと思えるものになりました。
卒業後は就職して、4月から企業で働いていくことになります。ゼミの活動の時間で学んだことを忘れず卒業後もがんばって行きたいです。


以上です!
大学の四年間という時間は
自分がどんな選択をするかで人によって全く違ったものになると思います。
愛Pの先輩方は愛Pで一生懸命活動するという選択をしたり、ゼミナール活動で真剣に研究するという選択をしたりで大きく成長したと語ってくださり、
わたしたちにとって大学で過ごす4年間がどれだけ大きな時間なのか伝わって来ます。
わたしも残り少ない学生生活後悔のないように過ごして行きます!
ひとこと:
春休みで遠出が多いのですが
体がバキバキになって体力のなさを思い知らされています。
経営学部2年 ずっきー
この記事はどうでしたか?
good (10)

就職活動を振り返って

2017/01/24

カテゴリー:さといも, そーちゃん, たかちゃん, めぐ, オリバー, 大学生活, 就職活動


みなさんこんにちは!

4年のたかちゃんです!

今回はタイトルにもありますように、

就職活動について私を含む4年生4名から後輩へのメッセージとともに

振り返ってみたいと思います。

就職活動に関するブログはこちら等をご参照下さい。

このブログが後輩たちの就職活動のモチベーションであったり、参考になれば幸いです。

 

~めぐ~

わたしは一般企業に就職します。
2017年卒の就職活動は、3月に情報解禁、6月から面接等の選考開始でした。わたしが今の内定先から内々定をいただけたのは7月上旬でした。
就職活動中は、周りと自分を比べて気持ちが沈んでしまうこともありましたが、そんな時は遊びに行ったり、友達と会って話すなど、息抜きをして気持ちを切り替えることが大切だと実感しました。

そして、最も大事なのは早く内定をもらうことではなく、自分のペースで進めていくことだと思います!
就職活動を控えている皆さん、視野を広く持っていろんな企業にチャレンジしてみてください。応援しています。

 

~さといも~

元々は、公務員志望でしたが、自己分析や企業の選考を受けていく中で、就職活動で軸に置いていた「地域貢献」は民間企業でもできるのではないかと考えはじめ、最終的には、6月末に地元に本社のある民間企業に内定を頂きました。
私たちの就職活動の日程は短期集中型であったため、5月過ぎから民間志望の友人が内定をもらっていくなかで、自分は面接すら通らない状況に陥り、精神的に落ち込んでいました。その中でも、内定先には、口では説明できない“縁”のようななものを感じ、この内定先に決めました。
この経験の中で、自分自身の限界や性格など、一見分かっていた部分以外にも気づかされることが多々ありました。
決して、選考が通らなかったとしても、諦めずに前を向いていくことが大切だと思います。

 

~オリバー~

私は秋頃に就職活動が終わりました。

公務員試験に向けての勉強と並行して民間企業も受験しており、なかなか両立は難しいと感じました。
しかし、上手くいかないこともありますが、自分を必要としてくれる企業は必ずある!

続けていれば絶対にそういった企業と出会えるはずなのでめげずに頑張って欲しいと思います!

~そーちゃん~

僕は公務員志望だったので、就活は試験勉強であり、3年次の5月からスタートした公務員講座が就活の始まりだったと思います。

3年次の5月から1月までは、6限目の後に行われる公務員講座を週3〜5回のペースで受けていました。
3年次の2月から4年次の6月までは、地元の図書館にこもって毎日8〜12時間ほど勉強をしていました。
7月からはキャリア支援課で面接の練習や履歴書の添削をしていただいていました。
内定をもらったのは9月上旬でした。
2月からはずっと1人で勉強していたため、精神的に参ってしまうことが多々ありましたが、学校やメール等で友達と励まし合ったり他愛のない話をすることで自分を元気付けていました。

数ヶ月の頑張りが人生を左右するので、これから就活するみなさんは数ヶ月モチベーションを下げないように、息抜きをしつつもなんとか踏ん張ってください。

応援しております!

 

~たかちゃん~

私は、自治体職員を目指しており、いわゆる公務員志望で就職活動をしていました。

多くの自治体職員採用試験や国家公務員の採用試験は6月末から試験が始まり、上手くいけば8月中には内定をいただけますが、私の第一志望である自治体は9月から採用試験が始まり、上手くいっても内定が11月末までかかるものでした。そのため、私が最初に試験を受ける頃には周りの友人や知り合いのほとんどは内定がでていたので、心理的には「なぜ自分だけまだ何も始まっていないんだろう。」と危機感が大きくありました。

それでも、家族や友人、キャリア支援課の職員さんを始めとする人々に相談に乗ってもらったり、特に友人には勉強に付き合ってもらったりと、多くの励ましの声や支えがありました。

その結果、第一志望の自治体に内定をいただくことができました。

この経験から、就職活動は個人戦ではなく、周りの人の支えが助けになり、自分ひとりで考え込みすぎないことが就職活動において大切なことであると思いました。

 

 

以上が私たちの就職活動の状況や、後輩に向けてのメッセージでした。

これらのことに付け加えて、私がお伝えしたいことがあと2つあります。

 

1つ目は、恥ずかしくても自分についてよく考えてみて欲しいということです。

自分の短所って意外とよく見つかりませんか?

でも、自分の長所って考えてみると意外と見つかりませんよね?

しかし、就職活動では自分を相手(企業や自治体など)に売り込むわけです!

短所とその改善点ばかり強調していても仕方ありません。

多少恥ずかしくても、自分のいいところを2,3個今のうちから見つけておくと、

それが自分の自信にもつながると思います。

 

そして、2つ目切り替えが大切であるということです。

これは就活は就活!遊びは遊び!」という切り替えの意味でもあり、

「内定がでなくてもクヨクヨし続けず、切り替える」という意味でもあります。

僕もそうでしたが、多くの友達は企業の選考が続いている期間にカラオケに行ってストレスを発散したり、

1日家でゲームをしていたという話を聞きました。もちろん毎日遊び続けている訳ではありません

こういったメリハリが、就職活動という不安定な精神状態に陥りやすい期間には大切であると実感しました。

本当に、自分自身がそうでした。

 

これらをまとめさせていただきますと、

上手くいくばかりではないかもしれませんが、家族や友人、大学の職員さんなど、

頼れるものは頼ってメリハリを付けて就職活動を頑張って欲しいと思います。

少し長くなりましたが、これで終わります。

頑張れ!就活生!!

 

 

法学部 4年

たかちゃん

ひとこと:大学生活残りも満喫するぞヾ(*´∀`*)ノ

この記事はどうでしたか?
good (19)

就職活動が始まります

2016/03/08

カテゴリー:めぐ, 大学生活, 就職活動


こんにちは。国際コミュニケーション学部のめぐです!

まだまだ寒い日が続きますが、みなさん体調管理にはお気をつけくださいね(^^♪

 

前回の投稿からしばらくになりますが、その間に私たち学部3年生は、就職活動の準備をしていました。

そして、ついに3月1日から就職活動が解禁となりました。

今回は、就職活動が本格化するまでに、私がどのような準備をしていたのかについて、お話したいと思います。ちなみに私は民間企業への就職希望です。

高校生のみなさんにはまだ先の話になりますが(私もそう思っていました(笑))、大学生活は本当にあっという間です。

これを読んで、自分が5年後、10年後、どうなっているのだろう?と考えるきっかけになれば嬉しいです(^^)

 

思えば、私が就職活動について考え始めたのは、金融関係の企業でのインターンシップに参加してからだと思います。ちょうど昨年の夏ごろです。企業の人の働く姿を見て、自分の働く姿を想像してみたことを覚えています。

その後も、商社、メーカーなどのインターンシップに参加し、世の中には数えきれないほど多くの会社があること、様々な事業があることを知りました。

 

12月に入ると、学内のイベントが始まり、様々な企業の方のお話を聞いたり、質問をしたりする中で、「企業を知ること」をメインに、「自分を知ること」も行っていました。自分と企業がマッチしているのかを探るためです。

そして1月、期末試験の勉強もしつつ、履歴書の作成と筆記試験(SPI)の対策をしました。

試験も終わり2月になると、学内、学外セミナーの回数が増えます。春休みのこの期間は、大学の友達と情報交換ができる貴重な機会なので、大学で行われるセミナーを中心に参加しました。私はアルバイトもスーツなので、一週間ずっとスーツで過ごすことも増えました。私服はしばらく着なさそうです(笑)

そして先日、プレエントリーが始まりました。その企業に「興味があります」と伝える段階です。これから、合同説明会個別の説明会が集中する期間に入ります。正直なところ、まだ始まったばかりで何も言えることがないのですが、自分と向き合い、自分のペースで、時々息抜きもしながら就職活動を進めていきたいです。また、就職活動を通じて多くの人と知り合えたり、いろんな場所へ足を運べるのかなと思うと、少し楽しみでもあります(*´ω`*)

 

今回は、民間企業を例にお話しましたが、卒業後の進路としては、公務員、教員、進学など他にも多くの選択肢があります。

そこで、愛P3年メンバーにも、どのような準備をしているのか聞いてみました!

公務員志望のそーちゃんは、大学の公務員講座総合コースを受講しつつ、近所の図書館で1日7~10時間ほど勉強をしているそうです。

また、たかちゃんは、公務員講座教養コースを受講しつつ、通える日は大学図書館で、11時頃~18時頃まで、5~7時間勉強をしているそうです。

教養コースよりも総合コースは範囲が広く、勉強量が多いそうです。毎日こんなに勉強しているのですね(*_*)

教員志望のさきは、筆記試験の問題集を繰り返し解いて、毎日面接練習をしているそうです。

みんなそれぞれの夢に向かって頑張っています。

 

高校生や1、2年生のみなさんも、自分の将来をイメージして、気になるお仕事を調べてみるのも楽しいかもしれないですね♪3年生のみなさん、共に頑張ろう!

 

プロフィール

めぐ

国際コミュニケーション学部英語学科3年

ひとこと:アメリカ西海岸にあるサンタローザという町へ行きたいです(●‘`・)

 

この記事はどうでしたか?
good (17)
1 / 41234