カテゴリー: なかり

愛Pを卒業していく4年生から

2017/03/24

カテゴリー:いっちー, くろ, しみちゃん, ずっきー, そーちゃん, たかちゃん, なかり, なるみ, めぐ, オリバー, テツヤ, 愛P


こんにちは!経営学部2年のずっきーです!

3月も終わりにさしかかりましたが、なかなか暖かくならなくてコートを脱げないです(´・ω・`)
今日は愛Pで4年間過ごした先輩方からのメッセージをご紹介したいと思います。
それでは、さっそくいってみましょう!

 経済学部 さき
 4年間ありがとうございました。とても楽しく、充実した大学生活でした。愛Pに入ってよかったと心の底から思います。
 大学生活では本当にたくさんの方々が私を支えてくれました。愛Pの活動を通して出会った職員さんや先輩、同級生、後輩には感謝の気持ちでいっぱいです。
 これからは社会人として頑張ります。愛大に入学するみなさん、楽しい学生生活を送ってくださいね ♪

 

国際コミュニケーション学部 くろ
愛Pでの4年間はとても楽しかったです。
オープンキャンパスやこのアイブロを 通して、
多くの高校生や保護者、地域の皆様に、愛知大学って良い所です!と伝えられたと感じています。
卒業でこの大学はおろか、地元愛知も離れる事になりましたが、
将来戻ってきた時にはきっと今以上に愛知大学がもっと魅力的な大学になっていると信じています!本当にありがとうございました!

 

国際コミュニケーション学部 めぐ
わたしの4年間は、たくさんの”出会い”で溢れていました。
愛Pでは、広報に関する様々な活動を経験させていただきました。
個人的には、初めて留学にも挑戦しました。
たくさんの人に出会い、新しいチャレンジをして、そのどれもが今の自分に繋がっているのだと思うと、とても充実した大学生活だったと感じます。
これから社会人になりますが、わたしと出会って、周りにいてくれる人たちに感謝して、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
みなさん、今日まで本当にありがとうございました。


国際コミュニケーション学部
いっちー
愛Pに入って高校生や保護者の方々に学生生活について説明したり、ブログを書いたりと様々な経験を積むことができ、とても嬉しく思います。私自身もとても成長することができました。 
この4年間を振り返って大学生はたくさんの経験を積むということが大事だと思います。自分のやりたいことは積極的にチャレンジしてください。成功しても失敗しても得られるものはあるはずです。これから頑張ってください。



法学部 オリバー
愛Pでの活動を通じて話すことが苦手だった自分が少し変われたのではないかなとこれまでを振り返ってみるとそう思います。
大学生活は楽しいことはもちろんですが辛いことや壁にぶつかるときも沢山ありました。
しかしそれを乗り越えた時には必ず何か得るものがあり、めげずにひたむきに一生懸命物事に取り組むことの大切さを改めて実感しました。
自身の活動を通じて少しでも愛知大学の魅力が伝わっていれば幸いです。
今まで本当にありがとうございました!


法学部 そーちゃん
4年間ありがとうございました!
愛知大学は本館(研究棟)が完成したり、ささしまライブ駅から直通の橋が繋がったりと、私たちが入学した時よりもさらに魅力のある大学になったと思います!
愛Pはこれからも愛知大学の魅力を発信していきますのでよろしくお願いします!


法学部 たかちゃん
愛Pで過ごした日々は、楽しいことばかりではなく、辛いこともたくさんありましたが、今となってはいい思い出であり、やりがいにも繫がっていました。
現役の愛Pの後輩たちも、みんなで助け合って最後まで活動を続けて欲しいと思います!


法学部 なるみ
私は4年間、愛Pや大学での生活を通して、たくさんのものを得ました。授業で学んだ知識もそうですが、中でも多くの仲間と知り合えたことが私にとっては大きな財産となりました。仲間と一緒だったから頑張れたこと、学べたこと、たくさんあったんです。大学生のみなさんには、貴重な大学生活において、人との出会いを大切にしてほしいなと思っています。4年間お世話になり、ありがとうございました。


文学部 しみちゃん 
4年間を振り返ってみると、自分自身が大きく「成長」出来た4年間だと思いました。
大学に入る前まで、人前で話す事が恥ずかしく、内気な性格で、クラス内でも大人しめな生徒でした。また、ただなんとなく日々を過ごしていました。
しかし、こんな僕を変えてくれたのは、愛Pでした。高校3年生の時に行ったオープンキャンパスで愛Pという団体を知り、これが僕にとって大きな転機となりました。
目を輝かせながら、オープンキャンパスで愛大の魅力をPRしている先輩方、手の込んだ愛大BOOKを配布し、学生目線でPRしている、さらにアイブロの更新。
これらを見た、肌で感じた瞬間、「これだ!僕がやりたいのは!」とビビッと来ました。
実際に部員として、大学のイロハを習得しPRする、気づけば「恥ずかしさ」は消え、堂々とキャンパスツアー等を行っていました。さらに、広報という面白さの虜になっており、将来の事を見据えながら、活動する事が出来ました!

また、この活動により、沢山の人との出会いがあり、今後の人生や進路など刺激を受け、考える事が出来ました。
今僕は、諦めきれない夢・目標があります。この4年間で培った宝を、今夢・目標としている次のステップに活かして、実現したいです。
今までお世話になった、職員の方々、オープンキャンパス・キャンパス見学会で出会った数多くの高校生の方々、保護者の方々、本当にありがとうございました!


文学部 そーま
大学4年間は本当にあっと言う間でした! 
楽しいことも辛い事もありましたが、愛Pのメンバーとして過ごした日々は楽しい思い出ばかりです!
今まで本当にありがとうございました!

文学部
あっきー
4年間を振り返ってみると、入学してから今まであっという間の日々でした。
「大学に入ったらできることをたくさんしたい!」と思い、入ったのが愛Pでした。4年間たくさんの人に出会い、たくさんの経験をしました。それは私にとってかけがえのないものでした。
4年間という限られた時間の中で、多くのことを学び、経験できた日々は周りの人たちがあってこそだと思います。感謝しかありません。離れてしまうという寂しさに負けずこれからも頑張っていきます!本当にありがとうございました!!!

経営学部 なかり
愛知大学で過ごした日々を振り返ると、たくさんの出会いがあり様々な経験をして、自分の世界が大きく広がった4年間でした。
中でも愛Pでは、大学の魅力を高校生や保護者の方々に発信するという活動で、大変なこともありましたがどの経験も自分を成長させることができた大切な思い出です。
最後になりましたが、多くの友人、先輩後輩、先生、職員さんに恵まれ充実した生活を送ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

経営学部 てつや
4年間の大学生活の中で強く印象に残っているのが3年生から始まったゼミの活動です。
私は3年生と4年生の2年間、マーケティングのゼミに所属していました。
3年生の4月からの約8ヶ月間は同じチームで同じテーマについて研究を行っていました。研究の成果としてPubフェス(毎年12月に愛知大学で行われているプレゼンテーション大会)やその他のマーケティングの大会で多くの人前で発表したことは自分にとってとても大きな経験です。
活動中は本当に苦しいこともたくさんありましたが、大変だったことや苦しかった経験ほど振り返ってみるとやって良かったなと思えるものになりました。
卒業後は就職して、4月から企業で働いていくことになります。ゼミの活動の時間で学んだことを忘れず卒業後もがんばって行きたいです。


以上です!
大学の四年間という時間は
自分がどんな選択をするかで人によって全く違ったものになると思います。
愛Pの先輩方は愛Pで一生懸命活動するという選択をしたり、ゼミナール活動で真剣に研究するという選択をしたりで大きく成長したと語ってくださり、
わたしたちにとって大学で過ごす4年間がどれだけ大きな時間なのか伝わって来ます。
わたしも残り少ない学生生活後悔のないように過ごして行きます!
ひとこと:
春休みで遠出が多いのですが
体がバキバキになって体力のなさを思い知らされています。
経営学部2年 ずっきー
この記事はどうでしたか?
good (10)

教授は普段、何しているの?

2016/11/15

カテゴリー:なかり, 教授のお仕事


おひさしぶりです。
経営学部経営学科4年のなかりです!

この記事は10月にお送りする予定でしたが、体調を崩してしまったため11月に繰り下げていただきました。誠に申し訳ございません。近頃、冷える日が多くなりましたので皆様も体調にはお気をつけください。

 

さて、今回はリクエストをいただいた「教授は普段、何をしているの?」という疑問にお答えするために、私のゼミの先生である経営学部経営学科為廣吉弘教授にインタビューさせていただきました!

ゼミの春合宿での先生

《ゼミの春合宿での先生》

 

(為廣先生のプロフィールはこちらから↓
  http://www.aidai-keiei.com/教員紹介-為廣吉弘/

 

 

 

 

 

 

———それでは早速、お話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。
   「はい、お願いします。」

———まず初めに、そもそも教授の仕事とはどのようなものがあるのですか?
   「仕事は、主に3つに分けることができます。
     1.教(授業、ゼミ、採点など)
     2.校務(大学を運営するためのもの)
     3.研究(学会、調査など)
    以上の3つですね。」

———そうなのですか。「教育」と「研究」はなんとなくイメージしていましたが、「校務」というのは意外でした。それぞれどのようなことをするのか、具体的な説明をお願いします。
   「では、1番の’教育’から順に説明していきましょう。

講義の様子

《講義の様子》

 

私は今期(平成28年度の秋学期)、6つの授業を受け持っています。愛知大学での授業を5つ、非常勤講師として他大学での授業を1つです。」

 

 

 
———愛知大学だけではなく他大学で非常勤講師としてもお仕事をしているのですね。

「そうですね、特に珍しいわけではないです。なかりさんも非常勤の先生の授業を受けたことがあるのでは?」

———確かに受けたことがあります。授業が週に6つだけと聞くと少ないように感じてしまうのですが、どれくらいの時間学校にいるのですか?
 「大体、1限から5限の終わりまでいることが多いです。今期は月曜に授業がないのでそれ以外は大学に来ていますね。土日は基本的にお休みですが、何か用事があれば出勤することもあります。」

———およそ9時から18時までいるということですか。時間的には会社員とあまり変わりませんね。
   「次に、2番の’校務’についてです。先ほども言いましたが、校務とは大学を運営するための仕事です。学内には様々な委員会があります。図書館運営委員会、国際協力委員会、就職委員会や学生部などがあります。それぞれについての説明は省きますが、私はその中の入試委員会に所属し、入試委員長を務めています。」

———入試委員の長、すごいです。入試委員会はどのような活動があるのですか? 

オープンキャンパスで説明をする先生

《オープンキャンパスで説明をする先生》


会議もありますし、オープンキャンパスでの模擬授業や経営学部の入試についての説明などといった、広報系の仕事もあります。以上が校務の主な仕事です。」

 

———講義や校務などの説明で普段の仕事がイメージできましたが、夏休みや春休みといった授業がない期間は何をしているのですか?ま、まさか…、まるまるお休みなんてことも…!?(愛知大学の夏休みはおよそ1ヶ月半、春休みは2ヶ月ほどあります)
   「まさか!夏休みなどの授業がない期間は主に3番の’研究’をしています。
     4〜7月:授業
     7月下旬:試験
     8月上旬:採点
     その後 :研究
    以上のような流れです。また、自分で研究するだけではなく、学会にも参加します。」

———学会、ですか。聞いたことはありますが、どのようなものなのでしょうか? 
   「学会では、ある分野の研究者が集まり、研究発表をしたり質疑応答をしたりと議論を交わします。地方大会や全国大会などもあり、良い発表には賞を与えらることがあります。1人がいくつかの学会に入っていることが多く、例えば、流通の先生が’日本商業学会’、’日本マーケティング学会’、’流通学会’、3つに参加することもあります。
    3つの仕事の説明はこんなところでしょうか。」

 ———学生が休みの期間も、教授はお忙しいのですね…。
    ところで、為廣先生は国家公務員から大学教員に転職したと小耳に挟んだのですが、大学教員になっておもしろい、よかったと思うことはありますか?
   「そうですねぇ。大学の授業は高校までと違い、担当教員がシラバス(授業の内容や進め方)から全て自分で考えます。例えば、’マーケティング論’という授業一つとっても、マーケティング論の本はたくさんあるしそれぞれ目次も違います。自分がどのように、どういう順番で教えたいかは教員次第であり、同じ科目でも教員が違えば授業内容が違うというところがおもしろいと思います。また、’研究’と’教育’がリンクしており、新しい研究成果を授業・教育にも活かすことができるのもおもしろいです。
    よかったと感じるのは、’ゼミ生が成長するところ’を見られることです。私のゼミは6回、卒業生を送り出していますが、皆、ゼミに入った当初から成長し卒業していくのを見守れるのが良いですね。」

———ありがとうございます。教授が普段何をしているのかよくわかりました!

 

 

読者の皆様、「教授は普段、何をしているの?」、疑問は解消できたでしょうか?少しでもお役に立てば幸いです。

為廣先生、取材にご協力いただき本当にありがとうございました!

 

 

【今日のお昼ご飯】
昼ごはん

今日のお昼ご飯は、名古屋駅近くのお店のパンケーキです。ふわっふわでとても美味しかったです(‘-’*)
名古屋駅周辺は美味しいお店がたくさんあるのでうれしいです!

今日は外食でしたが、4年生なのであまり授業を取っていないため、最近のお昼ご飯は家で食べることが多いです。

 



経営学部経営学科 4年 なかり
ひとこと:寒くなってきたので、愛犬が暖をとるために膝の上にのりたがります。控えめに言って、とても可愛いです。

この記事はどうでしたか?
good (10)

名古屋キャンパス メディアゾーン紹介

2016/01/08

カテゴリー:なかり, 大学紹介


こんにちは。そしてお久しぶりです。
経営学部経営学科3年のなかりです!

今回は名古屋キャンパスにあるメディアゾーンについて紹介します。

 

愛知大学の情報メディアセンターは個人利用だけでなく、グループでも利用できるパソコンをはじめとした様々なICTツールを整備し、学習・教育・研究活動を支援している施設です。
この施設の中にメディアゾーンというものがあります。ここでは、さまざま備品の貸出、グループワークルームなどの施設貸出・申請受付などのサービス、設置されているパソコンを利用することができます。
開館時間は8:50〜21:00120台のパソコンががメディアゾーンに設置されています。

これだけでは少しわかりづらいと思うので、具体的にどんなところなのか特徴を紹介していきたいと思います!

 

IMG_6278あ
ここがメディアゾーンです。パソコンがたくさんあります!



特徴① 開館時間中は自由にパソコンを利用できる

写真を撮影したのが閉館間近だったのであまり利用者がいませんが、平日の昼間は空席を探すのが大変なほど混雑をしていることも多々あります。

授業前や授業後、空きコマにパソコンを使用できるのでとても便利です!
多くの学生は主に、学習や就職活動、クラブ・サークル活動などのために利用しています。

また下記の写真のように、グループで話し合いながらパソコンを使用することもできます。

IMG_6595

 

特徴② グループワークルームを利用できる

グループワークルームは、ディスカッションや打ち合わせ、プレゼンテーションの練習などグループ利用ができる部屋になっており、ゼミやクラブ・サークルをはじめとして色々なグループが利用しています。
プロジェクターやスクリーンなどが設置されており、プレゼンがすぐにできる環境が整っています。

 グループワークルーム2 グループワークルーム1
私も、ゼミのグループでプレゼンの練習をしました!

ただし、グループワークルームは予約が必要なので行事の前などは埋まってしまうこともあります…!
予約が必要

 

特徴③ AV自習コーナーを利用できる

AV自習コーナーとはDVDやビデオを視聴できるブースのことです。
視聴するDVDの貸し出しも行っており、海外の映画やドラマの鑑賞や語学学習に利用されています。また、キャリア開発講座のDVDも視聴することができます。

 

特徴④ ノートパソコンを借りることができる 

貸し出し用のノートパソコン(Windows)を50台用意しており、多くの学生に利用されています。貸出期間は2週間で自宅に持ち出すことも可能です。

ノートパソコンを借りて、授業で提出するレポートを作成したり、プレゼンのパワーポイントを作ったりすることができ、とても重宝しています。

DVDやノートパソコンの貸し出し受付はカウンターで行うのですが、サポートを行っているスタッフはなんと本学の学生です!
また、カウンターでのサポートの他にホームページや掲示物の作成、ワード、エクセル、パワーポイントオフィスソフトの講習会の企画・運営なども行っています。

 

 

と、このようにメディアゾーンでは様々なサービスを利用することができます!

愛知大学に入学したら是非一度、利用してみてください!!

 

経営学部経営学科 3年
なかり

ひとこと:新年あけましておめでとうございます。1月1日の朝、年賀状が届くと嬉しいものですね。

この記事はどうでしたか?
good (9)
1 / 41234