カテゴリー: あまたつ

4年生からのメッセージ

2016/03/25

カテゴリー:あまたつ, えれな, さくら, しょーぐん, たていし, ちゅん, はにー, ヒロヤ, 大学生活, 愛P


お久しぶりです、法学部4年のさくらです!

早速ですが、今回は「卒業」をテーマにお送りしたいといます。

私達、4年生は先月の愛Pの追いコンで愛Pを卒業し、

3月23日(水)に愛知大学を卒業しました!!

そこで、愛Pメンバーから最後のメッセージをお送りしたいと思います☆

まずは、Boysメンバー★

ヒロヤ

今までありがとうございました!
この4年間は本当にあっという間で、愛Pやボランティア、留学などを通じ、多くを学ぶことができました☆
支えてくれた友人や家族、先輩後輩、職員さんには心から感謝しています。
4月からは社会人として、気持ち新たに頑張りたいと思います(^^)
新入生の皆さんも楽しい学生生活をスタートさせてください!

たていし

4年間を振り返ってみると、入学したころがついこの間のように感じます。
4年間、学業だけでなく、愛Pの活動をはじめとした多くの活動や経験を通して大きく成長することができました。
大変なこともたくさんありましたが、どれも大切な思い出です。
また、すばらしい先生や仲間とも出会うことができ、そういった面でもとても充実した学生生活を送ることが出来たと思います。
今後も学生生活で学んだこと、経験したことを活かして行きたいと思います!

しょーぐん

入学してからこれまでのことを思い出すと、本当に色々なことがありました。
愛Pという広報サークルとしての活動はもちろん、海外ボランティアということで沙漠での植林活動や、山崎製パン株式会社とのランチパックの共同開発、他大学との合同ゼミの準備など、普通では体験できないようなことを経験することができました。なにより、多くの友人、先輩・後輩に恵まれ、充実した4年間を過ごすことができました。本当にありがとうございましたと、お礼を言わせてください。

あまたつ

お久しぶりです、現代中国学部4年のあまたつです!
大学4年間で、愛Pの一員として大学の良さを高校生や保護者の方々に発信でき、
自分自身も大学の魅力を再発見できたり、自分を成長させることのできる場所でもありました。
色々なものに挑戦して心身ともに大変だと思った時期もありましたが、振り返ると宝物のような時間でした!
これからも大学時代の自分に負けないくらい成長していきたいと思います!

そしてgirlsメンバー♡

はにー

4年間を振り返って…とにかくたくさんの人との出会いが、私に影響を与え、私を成長させてくれたと思います!それは、自分からチャンスを掴みにいったからだと思います。愛Pの他にも、アカペラサークルやボランティア、留学…とにかく機会があれば参加していました。やりたいことをやりつくした4年間でした。でもそれが、結果的には良かったと思います!出会ってくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

えれな

愛知大学での4年間は本当に充実していました!1人1人出会える人も違えば、経験も違います。だからこそ自分らしく4年間を過ごすことが1番だと実感しましたいろんな思い出がありますが、みんなと笑顔いっぱいで過ごせたことが本当に幸せでした。一度きりの人生なので思いっきりやりたいことをやって笑顔で過ごしていればそれだけでまわりも笑顔になれると愛知大学での4年間で学ぶことができました!Thank you Aichi University!!

ちゅん

高校3年生のオープンキャンパスで、大学生活について、きらきらと目を輝かせて語って下さった先輩に憧れて愛Pに入りました。この4年間、数えきれない程の高校生の子に出会いました。私は、あの先輩のように、高校生の子がわくわくするような大学生活を紹介できたでしょうか。私の姿が、言葉が、少しでも誰かの心に響いていたのなら、こんなに幸せなことはありません。愛Pの活動を通して出会ったみなさん、本当にありがとうございました。

さくら

1年生の4月に愛Pの説明会に足を踏み入れたことが今の私につながっていると考えると、とても感慨深いものがあります

愛Pの活動では、それまで経験したことのない活動をさせていただき、苦手と感じていたことにも挑戦し、少しずつ成長していくことができました。
また、愛Pの活動を通して出会った、職員の方、外部の方、先輩や同級生、後輩には多くのことを学ばせていただきました。みなさんには感謝しかありません。
楽しくて大切な思い出がたくさん大学生活で作れました。
大学で出会ったすべての方に感謝を込めて、
ありがとうございました♪

卒業式で撮影した写真を添えて、最後に私達の挨拶を終えたいと思います!

これからも後輩達が盛り上げていく、

愛知大学と愛Pをどうか見守ってください♪

本当に4年間、ありがとうございました*^^*

卒業式

 

さくら

法学部 4年

ひとこと:これが最後のアイブロ更新だと思うと、とても寂しいです。

4月から社会人!周りの方々に感謝しながら頑張りたいと思います!

卒業しても、愛Pメンバーや友達に会いたいな♪

 

この記事はどうでしたか?
good (36)

就職活動について

2015/03/13

カテゴリー:あまたつ, 就職活動


久しぶりの投稿になります、あまたつです。

秋学期のテストが終わり、3月を迎えたっということでだんだん暖かくなってきましたね!

寒いのが苦手なので、早く春が来てほしいです…(笑)

 

しかし!!今年は春が来ても、うかうかしてもいられません!!!

今年は人生最大のイベントの一つである『就職活動』があるのです!!!

ということで今回は就職活動を簡単に紹介します。

 

今年、入学する新入生の方々にはまだまだ先の話ですが、

将来必ず待っているので読んでいて損はないのですよ~

 

ではでは、簡単に『就職活動』(略して就活)を説明します!

就職活動とは、主に大学三年生の3月から始まり

大学卒業後の勤め先(企業)を決めていく活動のことです。

企業から採用される事を《内定(10月1日以降に行われる内定式までは内々定)》と言います。この内定を目指して活動しています。

 

基本的に

《プレエントリー》⇒《エントリー(履歴書・ES提出)》⇒《各適性検査》⇒《面接》→内々定!!

という流れです。

 

よく分からないですよね(笑)

実際にわからないことだらけで、大変です(汗)

 

3月現在はプレエントリーの段階です!

お見合いで例えるなら「あなた(企業)に興味があることをお伝えする」

という時期です。

《今後働きたい企業を探しているor働きたい企業の情報収集》とイメージしてもらえれば嬉しいです!

 

僕の場合は、「企業の高い技術力で顧客の悩みを解決したい・今後も中国と関わりたい」という気持ちからメーカー中心に企業を探しています。

 

まだまだ始まったばかりの就職活動ですが、

自分の希望する企業から内定をもらえるように、油断せずに活動をしていこうと思います!!

 

profile 現代中国学部3年 あまたつ

ひとこと 朝ドラを1日2回以上観るのが日課です(笑)

 

 

 

この記事はどうでしたか?
good (14)

中国現地研究調査 

2014/09/09

カテゴリー:あまたつ, 大学生活


こんにちは! あまたつです

 

夏の暑さから若干夏バテ気味ですが、頑張っています!

前回紹介した2週間の「中国現地研究調査」の活動が無事終わりましたので、今回は中国での活動を詳しく紹介したいと思います。

 

中国の江蘇省蘇州市での現地研究調査は、

テスト期間が終わったすぐの8月3日(日)から8月18日(月)までの2週間行われました。

初めの1週間は都市班農村班企業班に分かれて、調査地でフィールドワークなどをしました。

 

 

僕が所属した都市班では、

中国人の老後生活に注目した養老班と、旅行地に住んでいる人の生活に注目した旅行班があり、その中でも養老班として介護施設や地域コミュニティや家庭、歴史文化保護区などを訪問しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その活動中、訪問した先で刺繍の体験をしている時に、地元の新聞社が取材に来ていて、名前と写真が地元新聞に載るなどサプライズがありました!

新聞は残念ながら、入手することができず…

 

 

また旅行班では、蘇州市の観光名所である山塘街平江路に行って

調査しながら観光もでき、一石二鳥の調査でした(笑)

IMG_0212 - コピー - コピー - コピー

 

IMG_7839_副本

 

調査を進めるうえで大変だったことは、なんといっても言葉の壁でした。

僕たちが大学で学んでいるのは、中国のなかでの標準語(北京語)ですが、中国の方言は全く理解できず、通訳の方も「何を言っているのかわからないよ~」と困るほど(笑)

この時は、標準語と方言を話せる地元の方に通訳していただき、なんとか聞き取れました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

 

この調査は現地の学生とも一緒に行うため、

日本語と中国語を教え合って楽しく過ごすことができ、現地の友人を作ることもできました!

また、火鍋も食べに行くなど毎日が楽しかったです

 

系ショッピングセンターの訪問中はすべてが日本語の説明であったため、同行している現地の友人向けに通訳をするなど貴重な体験ができました。

 

調査が終わってからは、中国現地研究調査のメインである報告会の準備期間が待っていました(笑)

都市班は発表の原稿やPPT(パワーポイント)もほぼ初日で完成しました。

しかし、発表時間が10分以上も余ってしまうことが発覚。2日目の夜から緊急会議が始まり、結局発表前日の20時に完成。

僕はこの3日間は冷えピタシートなしでは生活できないような日々でした…(笑)

 

最後の発表会は中国語で発表するため、緊張はしましたが、半年間の事前準備や調査結果をしっかり伝えることができ、納得いく形で終わることができました!

 

 

最後に

中国現地研究調査の活動の半年間は、中国語の資料を読んだり、中国語の発表だけでなく、フィールドワークなどさまざまな体験ができました。苦労した思い出が今ではとても懐かしいです。

 

最後の発表は25分と短かったですが、半年間のさまざまな思い出が詰まった25分でもありました。

成功できたのも、指導をしてくださった先生や、現地の友人のおかげだったと思います。

 

中国現地研究調査が終わっても、新しいことに対しての挑戦する気持ちを忘れずに成長していきたいと改めて思いました。

 

 

Profile あまたつ

現代中国学部3年

ひとこと 最近野菜ジュースにハマってます

この記事はどうでしたか?
good (16)
1 / 512345