カテゴリー: 就職活動

就職活動で使う“履歴書”ってどんなもの?

2017/02/17

カテゴリー:ぽっぽ, 就職活動


こんにちは!
経営学部3年のぽっぽです(^^)

2月もあっという間に折り返し、後半戦に入りましたね。
近頃は、就職活動に向けて、スーツを着る機会が多くなりました。

今回はそんな就職活動に関わってくる「履歴書」について書いてみます。

履歴書とは、自身の名前はもちろん、生年月日・住所・学歴などのパーソナルな情報
自己PR・志望動機といった自身の紹介を記した書類です。

アルバイトをしている方は、応募の際に提出したかもしれません。

しかし、就職活動で用いる履歴書は、
アルバイトの応募で用いるものとは、大きく異なります。

以下のものが、実際の履歴書の記入例です。(画像をクリックで拡大できます)
企業より用紙の指定がない限り、
愛大生は生協で販売されている、愛知大学専用の履歴書を用います。

履歴書例










 

 
実際には、黒のボールペンで記入します。
丁寧な文字を書くことも心がけます。
字を間違えたら、修正テープは使えないので、書き直しです。
丁寧かつ正確に書かなければならないので、結構な集中力が必要です。

下半分にあたる、自己紹介の部分の記入には、
何を伝えたらいいのか、じっくりと考える必要があります。
履歴書の中では、この部分がとても大事で、考えるのに意外と苦労しました。
いきなり書くのは大変ですが、キャリア支援課のセミナーで書き方のポイントを教えてもらえるので、順々に書いていくことができました。

書いてみたら、キャリア支援課で、添削を行ってもらっています。

何度か添削をしてもらい、よりよい内容に仕上げていきます。
自分ではうまく書けたつもりでも、
他の人が読んだ時に伝わらないことがあるので苦労します。

履歴書は、事前に準備ができるものの1つなので、
就職活動が本格化する前から、コツコツと準備していくことが大切です。

今回は履歴書にフォーカスを当てて紹介しました。
これから就職活動が本格化していくので、頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回(2月21日(火))は、経営学部のコース選択についてお送りします。

□ 今日のお昼ご飯 □

お昼ごはん2017.02.17







春休みに入っているので、出掛けた先のカフェで頂いた、パスタです(・ω・)ノ

 

経営学部 経営学科 3年 ぽっぽ

ひとこと:今期の冬はあまり雪が積もらなくて、ちょっと残念でした(´・ω・`)

この記事はどうでしたか?
good (7)

就職活動を振り返って

2017/01/24

カテゴリー:さといも, そーちゃん, たかちゃん, めぐ, オリバー, 大学生活, 就職活動


みなさんこんにちは!

4年のたかちゃんです!

今回はタイトルにもありますように、

就職活動について私を含む4年生4名から後輩へのメッセージとともに

振り返ってみたいと思います。

就職活動に関するブログはこちら等をご参照下さい。

このブログが後輩たちの就職活動のモチベーションであったり、参考になれば幸いです。

 

~めぐ~

わたしは一般企業に就職します。
2017年卒の就職活動は、3月に情報解禁、6月から面接等の選考開始でした。わたしが今の内定先から内々定をいただけたのは7月上旬でした。
就職活動中は、周りと自分を比べて気持ちが沈んでしまうこともありましたが、そんな時は遊びに行ったり、友達と会って話すなど、息抜きをして気持ちを切り替えることが大切だと実感しました。

そして、最も大事なのは早く内定をもらうことではなく、自分のペースで進めていくことだと思います!
就職活動を控えている皆さん、視野を広く持っていろんな企業にチャレンジしてみてください。応援しています。

 

~さといも~

元々は、公務員志望でしたが、自己分析や企業の選考を受けていく中で、就職活動で軸に置いていた「地域貢献」は民間企業でもできるのではないかと考えはじめ、最終的には、6月末に地元に本社のある民間企業に内定を頂きました。
私たちの就職活動の日程は短期集中型であったため、5月過ぎから民間志望の友人が内定をもらっていくなかで、自分は面接すら通らない状況に陥り、精神的に落ち込んでいました。その中でも、内定先には、口では説明できない“縁”のようななものを感じ、この内定先に決めました。
この経験の中で、自分自身の限界や性格など、一見分かっていた部分以外にも気づかされることが多々ありました。
決して、選考が通らなかったとしても、諦めずに前を向いていくことが大切だと思います。

 

~オリバー~

私は秋頃に就職活動が終わりました。

公務員試験に向けての勉強と並行して民間企業も受験しており、なかなか両立は難しいと感じました。
しかし、上手くいかないこともありますが、自分を必要としてくれる企業は必ずある!

続けていれば絶対にそういった企業と出会えるはずなのでめげずに頑張って欲しいと思います!

~そーちゃん~

僕は公務員志望だったので、就活は試験勉強であり、3年次の5月からスタートした公務員講座が就活の始まりだったと思います。

3年次の5月から1月までは、6限目の後に行われる公務員講座を週3〜5回のペースで受けていました。
3年次の2月から4年次の6月までは、地元の図書館にこもって毎日8〜12時間ほど勉強をしていました。
7月からはキャリア支援課で面接の練習や履歴書の添削をしていただいていました。
内定をもらったのは9月上旬でした。
2月からはずっと1人で勉強していたため、精神的に参ってしまうことが多々ありましたが、学校やメール等で友達と励まし合ったり他愛のない話をすることで自分を元気付けていました。

数ヶ月の頑張りが人生を左右するので、これから就活するみなさんは数ヶ月モチベーションを下げないように、息抜きをしつつもなんとか踏ん張ってください。

応援しております!

 

~たかちゃん~

私は、自治体職員を目指しており、いわゆる公務員志望で就職活動をしていました。

多くの自治体職員採用試験や国家公務員の採用試験は6月末から試験が始まり、上手くいけば8月中には内定をいただけますが、私の第一志望である自治体は9月から採用試験が始まり、上手くいっても内定が11月末までかかるものでした。そのため、私が最初に試験を受ける頃には周りの友人や知り合いのほとんどは内定がでていたので、心理的には「なぜ自分だけまだ何も始まっていないんだろう。」と危機感が大きくありました。

それでも、家族や友人、キャリア支援課の職員さんを始めとする人々に相談に乗ってもらったり、特に友人には勉強に付き合ってもらったりと、多くの励ましの声や支えがありました。

その結果、第一志望の自治体に内定をいただくことができました。

この経験から、就職活動は個人戦ではなく、周りの人の支えが助けになり、自分ひとりで考え込みすぎないことが就職活動において大切なことであると思いました。

 

 

以上が私たちの就職活動の状況や、後輩に向けてのメッセージでした。

これらのことに付け加えて、私がお伝えしたいことがあと2つあります。

 

1つ目は、恥ずかしくても自分についてよく考えてみて欲しいということです。

自分の短所って意外とよく見つかりませんか?

でも、自分の長所って考えてみると意外と見つかりませんよね?

しかし、就職活動では自分を相手(企業や自治体など)に売り込むわけです!

短所とその改善点ばかり強調していても仕方ありません。

多少恥ずかしくても、自分のいいところを2,3個今のうちから見つけておくと、

それが自分の自信にもつながると思います。

 

そして、2つ目切り替えが大切であるということです。

これは就活は就活!遊びは遊び!」という切り替えの意味でもあり、

「内定がでなくてもクヨクヨし続けず、切り替える」という意味でもあります。

僕もそうでしたが、多くの友達は企業の選考が続いている期間にカラオケに行ってストレスを発散したり、

1日家でゲームをしていたという話を聞きました。もちろん毎日遊び続けている訳ではありません

こういったメリハリが、就職活動という不安定な精神状態に陥りやすい期間には大切であると実感しました。

本当に、自分自身がそうでした。

 

これらをまとめさせていただきますと、

上手くいくばかりではないかもしれませんが、家族や友人、大学の職員さんなど、

頼れるものは頼ってメリハリを付けて就職活動を頑張って欲しいと思います。

少し長くなりましたが、これで終わります。

頑張れ!就活生!!

 

 

法学部 4年

たかちゃん

ひとこと:大学生活残りも満喫するぞヾ(*´∀`*)ノ

この記事はどうでしたか?
good (19)

インターンシップに行ってみて!

2016/09/23

カテゴリー:ぽっぽ, 大学生活, 就職活動


こんにちは!
経営学部3年のぽっぽです(^^)v

秋学期が始まって少し経ちましたが、夏休みに僕が体験してきたことについて書きます!

その体験とは「インターンシップ」です。

 

インターンシップとはなに?って思った方はこちらの記事をご覧ください。

 

ここからは、インターンシップに実際行ってみて感じたことをまとめます。
僕は、名古屋市内の商社に5日間の研修に行きました。

 

5日間のうち

1日目イントロダクションとして、会社概要の説明を受けた後に、自分自身のキャリアについて考える時間もありました。
愛知大学生以外の大学の方も参加されていたので、新たな人との交流にも繋がりました。

 

2~4日目はこの研修のメインである営業の業務に同行しました。
卸売業なので、商品を売る相手は小売業者でした。
小売業者の方とのつながり・関わり合いが、このお仕事にとっては大切なものと感じました。
3日間別の方に同行したので、同じ営業でもスタイルが違っていて興味深かったです。

 

最終日はまとめとして、研修を通して学んだことを、他の学生と協力してプレゼンしました。
中間発表で一度フィードバックをもらったあとに最終発表を行いました。
数名の方の前での発表でとても緊張しましたが、終わったあとはとても達成感がありました。

 

たった5日間でしたが、とてもいろんなことを学べたと思いました。

もう始まったとも言える、就職活動においてインターンシップは
・仕事のイメージがつかめる。
・自分自身についてもっと考えるきっかけとなる。
・普段とは違った人たちとの交流ができる。

などなど、現場でなければ気づかない・学べないことがたくさんあると感じました。

 

□━━━━━━━□
今日のお昼ご飯
□━━━━━━━□

さて、前回の記事が創刊号でした「今日のお昼ご飯」
今回から記事の最後にそれぞれどのようなお昼ご飯を食べているのか、写真と共にお届けします。

 16-09-20-16-04-55-091_deco

 

 

 

 

 

僕はいつもだいたい母親が作ってくれるお弁当を食べています。
高校生のころからほぼ毎日作ってもらっているのでとてもありがたい限りです。
これといったポイントはありませんが、いつもふりかけをかけています。冷えたごはんでもおいしく食べられます。

 

ということで、今回はここまでです。
最後まで読んでくださりありがとうございました(・∀・)

 

経営学部 経営学科 3年 ぽっぽ

ひとこと:9月に入ってから傘を持たずに外出できた日の方が少なく感じます(;・∀・)

この記事はどうでしたか?
good (9)
1 / 812345...最後 »